生活不活発病

  生活不活溌病とは? 生活不活発病(生活不活動症候群)とは、健康状態や加齢、ストレスなどにより、筋肉や肺機能などを使用しないことで、生活が不活発なことが原因で、全身の機能が低下することを言います。 「使わない

鍼灸臨床② 寝違え

寝違えは急性の単純性頚項部痛で、首を回す動作に支障があって痛みを伴う。 この症の多くは、睡眠時に枕の位置が悪かったり、頚部に外力が加わって捻挫を起こしたり、あるいは何らかの冷え(風寒の外邪)が、首から背中にあたり、その局

鍼灸臨床① 頭痛

頭痛は自覚症状の一つである。単独で出現する場合もありますが、 多くは急性疾患や慢性疾患のなかでも出現します。 頭痛を引き起こす原因にはいろいろありますが、分類すると『外感性』と『 内傷性』のものに分類することができ、鍼灸