京都魔界案内 六角堂

『紫雲山 頂法寺・六角堂』 京都市の烏丸通り、四条と三条の間にある六角堂。 聖徳太子が開いた寺と言われています。 589年円明天皇二年、四天王を建てるための建材を求め、聖徳太子がこの地を訪れた。 太子はそこに生えていた多 …read more

京都魔界案内 河原院

「河原院」とは、 平安初期の貴族、源融(みなもとのとおる)の邸宅で、源融とは紫式部「源氏物語」の主人公と光源氏のモデルとされた人物である。 そしてまた、源融の邸宅であった河原院も「源氏物語」の中で光源氏と夕顔が最後の夜を …read more

京都魔界案内 鹿苑寺

土日に限らずに世界各国からの観光客を招き入れている金閣寺。 この金閣寺が創建者室町幕府第三代将軍、足利義満の時代のものではなく再建であることは有名であります。 ではなぜ、創建時の金閣は無くなったのか? 1950年7月2日 …read more

京都魔界案内 宴の松原

京都市上京区出水通千本西に入った辺りに「宴松原」という石碑の立つ場所があります。 ここは平安時代、平安京大内裏の内裏西側に存在した空間地で、その用途は宴の場所として用いられたとする説や内裏の建替用地であったとする説があり …read more

京都魔界案内 鉄輪の井

貴船の明神に「どうか自分を生きながら鬼に変えてほしい」と願った女がいた。 貴船神社は難波の津に玉依姫が黄色い船に乗って出現された。 清らかな水源地を求めて淀川、鴨川と流れを遡り、貴船の奥宮に辿り着いた。 「キフネ」は姫の …read more

京都魔界案内 宗旦稲荷

京都御所の北にある相国寺境内に小さな神社があります。 千利休の孫にあたる千宗旦に化けて相国寺でイタズラなどをしてた狐を祀っている宗旦稲荷があります。 一般的にはこの狐は宗旦狐と言われています。 では宗旦狐とは 茶道に堪能 …read more