長雨での体調不良について

投稿者:

梅雨前線が停滞し、身体が何となく不調の方も多いと思います。
「だるくて仕事にならない」「昔の古傷が痛む」などなど。

私の知人にも「めまいが酷くて気分が悪い」「胃腸の具合が良くない」
「気分が落ち込みがち」「片頭痛が酷い」などという症状を訴えている方がおられます。

これらの症状は「低気圧」と「自律神経が乱れ」が重なって起こると考えられます。
低気圧により、副交感神経が活発になり交感神経が働くべき場合でもそれが適切に行われずに自律神経に乱れが生じてきます。
では、自律神経についてみていきましょう。

体の状態(恒常性)を無意識にコントロールしている神経が自律神経と呼ばれるものですが、ストレスや加齢、ホルモンバランスなどの原因でコントロールに乱れが生じて様々な症状が現れます。
急に頭のてっぺんが暑くなるとか、顔がほてる、全身がほてる、微熱、発汗など体温にかかわる症状や動悸や便秘など臓器にかかわる症状など全身に現れます。

[自律神経の働き]
体温調整、呼吸、血圧、血流、消化、排泄、代謝など、生命維持に不可欠な機能を自動的にコントロールしている。

夏の暑さ、冬の寒さに関係なく体温を一定に保ち、気圧の変化に合わせて内側からバランスを保とうとしている。

交感神経)
起床時〜日中に働き出す。体を活動するモードにする。
気圧の急変や気温の低下で交感神経活発に⇒血管収縮し、緊張型頭痛、古傷の痛みを引き起こす

副交感神経)
夕方〜夜に働き出す。体がリラックスモードになり眠くなる。
朝から曇りや雨の日、気温が上昇した日に活発に働く⇒血管拡張、眠気、だるさ、片頭痛

このように天気や気候の変化があまりに急激だと自律神経による対応が追いつかず、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて様々な不調を引き起こします。

[様々な症状について]

・気分の落ち込み、眠気、だるさ
低気圧により副交感神経が活発になると、この症状が発症します。梅雨の長雨が続く朝はいつまでも寝ていたい気持ちになりますが、寝すぎると副交感神経の活動度が上がってしまい逆効果です。天気予報をチェックして、翌日が雨やくもりの日なら、夜は早めに就寝し、翌朝は30分早く目覚めましょう。朝食を作る、エスカレーターではなく階段を使うなど、朝の時間を活動的に過ごし、交感神経の活動度を上げるようにこころがけて下さい。

・片頭痛
血管が拡張することで起きる頭痛で、梅雨の晴れ間で暑くなった日や、低気圧が近づき気圧が下がって来たときが要注意です。入浴は控えてシャワーだけにして、体を温めすぎない(血管を拡張させない)ようにしましょう。パソコンやスマートフォンはオフにして、光や音の刺激を遠ざけることが大切です。

・古傷の痛み、関節痛、腰痛、肩こり
梅雨寒と低気圧が重なると、古傷の痛み、腰痛、関節痛、肩こりの原因に。とくに生理期間中は痛みに敏感になるため要注意です。雨にぬれたりエアコンでカラダが冷えるとさらに症状が悪化します。カラダが冷えたら使い捨てカイロなどで患部を温めましょう。

・便秘
排便を促す腸の蠕動(ぜんどう)運動は、副交感神経が主導権をにぎっていますが、梅雨寒による冷え、気圧の変化によるストレスで交感神経の活動度が上がってしまうと、蠕動運動が弱まり、便秘の要因になります。体を冷やし過ぎないこと、朝起きたらまずコップ一杯の水を飲み、腸を動かすことを心がけてください。

[梅雨時期の過ごし方]
健康な人の場合、食事で得た水分は胃腸で吸収され、からだをスムーズに巡り、汗や尿として排出されます。しかし、胃腸が悪かったり、巡りが悪い人は、からだに水がたまってしまいます。特に、梅雨時期など湿度の多いときには、からだの中の水も巡りにくくなり、むくみ、関節痛、ぜんそくなどの症状が出ます。
また、夏の暑い時期に、クーラーなど冷房のよく効いた部屋にいると、巡りが悪くなり、これらの症状を悪化させます。
対策としては、夏の暑い時期であれば、適度に動き汗をかいて水の巡りをよくすることです。心臓がどきどきするような運動はいりません。
朝や夕方の暑さの和らぐときに、散歩でもしてみましょう。加えて、からだを冷ます果物、ジュースなど胃腸を弱らせるものは避けてください。

また、背中や首の凝りが元々酷い方は、自律神経の乱れを引き起こしやすい傾向にあります。肩凝りの原因は人それぞれです。姿勢が悪い、ストレス過多で常に緊張状態にあるなど。
緊張してたりする場合に深い呼吸をすると心がほぐれてくるのは、自律神経のバランスが整い、不要な緊張がなくなるからです。
自律神経は背骨の周りに通っているので、背中の筋肉が固まっていたり、背骨を柔軟に動かせなかったりすると、自律神経もうまく機能できません。背骨やその周りの筋肉が緩むことで自律神経の働きが活発になり、心身を健康的にしていきます。
自律神経は交感神経と副交感神経から構成されていて、その2つがバランスよく機能することが大切です。
それぞれは脊柱(首から尾骨まで)の部位と関係しているので、背骨や周りが柔軟に動く状態だと、交感神経と副交感神経もバランスよく機能することができます。
ですから、呼吸をするときは、背中を緩めることも意識すると効果的です。

 

[立禅が自律神経を調える]

立禅でまず要求されることは、身体を緩めること。
身体が緩むと心が緩み、心が緩むと身体の緊張は解かれていきます。
物を抱える姿勢をしますが、その姿勢が酸素摂取量を多くし、深い呼吸を促してくれて圧迫感や重苦しさが消失します。
結果的に立禅を継続して行うことで自律神経の乱れは軽減されていくことになるでしょう。

立禅でまず要求されることは、身体を緩めること。
身体が緩むと心が緩み、心が緩むと身体の緊張は解かれていきます。
物を抱える姿勢をしますが、その姿勢が酸素摂取量を多くし、深い呼吸を促してくれて圧迫感や重苦しさが消失します。
結果的に立禅を継続して行うことで自律神経の乱れは軽減されていくことになるでしょう。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA