季節に体を調和させる方法 東洋医学古典・素問 四気調神大論篇  

四季の養生法、前回は夏の養生についてでした。今から2000年以上前から現代まで、それほど違いがある健康法ではなないことがわかると思います。

今回は秋と冬について取り上げたいと思います。

 

秋の養生法

秋の三ヶ月は、あらゆる物が成熟して実を結ぶ季節といわれる。なので収穫の季節といわれる。

天気はすでに涼しく、風の音は強く急で、気候は静粛として万物は色を変える。

そしてすべてが引き締まって収納される時期で、体の陽気も体内深くに収納されます。

 

《養生のポイント》

  • 人々はこの時期、早寝早起きすべき
  • 夜明けと共に起き、空が暗くなると眠る
  • 心を安らかに静かにさせる(あれもこれもやりたい、とイライラして活動的になってはいけない)

この時期に活動しすぎて、陽気を発散すると肺が弱り、冬になって下痢になる。

 

 

冬の養生法

冬の三ヶ月はあらゆる物が静かに沈み、消極的になる時期。

河の水は氷り、地面は凍って裂ける。

すべてのものが収蔵されておく時期で、決して発散してはいけない時期。

 

《養生のポイント》

  • この時期は早く寝て遅く起きる。起床と就寝の時間は日の出と日の入り
  • 陽気も深く貯蔵されてるので、心身共に活動的になってはいけない
  • 厳寒を避け、温暖に保ち、皮膚を開いて汗を出すようなことをしてはいけない
  • 運動などで発汗するなどは絶対ダメ

この時期に発汗したり、酒を飲んで一時的に陽気を多くし、その反動で冷えたりすると腎を悪くする。

冬に無理をすると、春になっても陽気が発動しません。なので春に花粉症の症状がひどく出やすい人は、その前の冬の過ごし方から見直していかねばなりません。

 

四季の養生・まとめ

この四季の文章は、四季の養生法を述べており、内的環境(人の体)と外的環境(自然環境など)に必ず適応しなければならないことを強調しています。これがあった初めて健康を保持できるのです。

もし、ある季節の養生法に反したなら、適応能力を減弱させ、次の季節に疾病を発生させてしまいます

四季に適応するというこの種の養生方法には、積極的な予防の意義があります。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA