五十肩で肩が上がらない

今日は、鍼療で能勢方面の訪問。

五十肩で寝てても痛みがあって、肩を上げることが出来ないという。

訊くと2、3カ月前から上腕に違和感があってひと月前から、痛みがあって肩が上がらないとか。

 

《五十肩とは》

肩が痛み、腕を動かせない

中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩が疑われます。
ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。五十肩になると、物を持ち上げようとした時やゴルフのスイングをした瞬間などに、突然激痛に襲われ、それ以降、肩を動かすたびにひどい痛みに悩まされる場合が多く見受けられるようです。
五十肩と呼ばれるのは、40歳以上の人に起こりやすく、特に50代の人に多く見られるからです。利き腕にも関係なく、左右どちらの肩にも起こります。片方が治った後に、もう片方が痛くなることもありますが、両方の肩が同時に痛くなることはまずありません。
五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつ時にギクッと痛んで目覚めることもあります。痛みの強い時は、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、滑りが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなり、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通とされています。

こんな時は要注意

  1. 背中のファスナーやボタンに手が届かない
  2. ネクタイをうまく締められない
  3. かゆい背中がうまくかけない
  4. 頭髪をブラッシングできない

 

これが一般的に言われる五十肩の症状。

ただ私は「五十肩」という判断はしません。というのも「五十肩」という病名により先入観が出てきて、正確な診断がつかないからです。

現代医学でいう「五十肩」自体にも原因が不明で治療法が定まっていないのが現実です。

なので私はブレずに東洋医学的な診断と、武術的な身体の機能理論に即した診断で全身の状態を診ていきました。

問診では、

  • 普段からお酒をよく飲む
  • 味の濃い食べ物を好む
  • 最近胃腸の具合が思わしくなく食欲不振
  • 軟便気味
  • 汗をかきにくい
  • 呼吸が浅い          など

この問診と脈診などで、この方は体に余分な水分が溜まっている状態だと感じた。東洋医学でいう湿が溜まっていると。そして消化吸収に大事な脾胃の弱りと、普段から呼吸が浅いことで肺が体内の水を満遍なく全身に散布する機能の低下と判断。

脾と肺をパワーアップさせる治療を施し、さらに肩の痛みを触診すると、肩そのものよりも脇下に激しい圧痛を認めたので、そこの気を通して、武術的なストレッチを施すと、痛みは軽減。

肩の可動域も上がりました。

 

兎に角、体は何事も全身が協調して機能している。なので部分だけを診ても改善されないということを改めて認識いたしました。

治療も学びです。

 

この後、京都の保津峡の心霊凸予定でしたが、雨が激しく降ってきたので断念。これは「来るな!」という意味だったのだろうか?

なので、今回は臨床報告のブログを久しぶりに投稿しました。

 

 

 

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA