東洋医学古典・素問 季節に体を調和させる方法 四気調神大論篇  第一回

四気調神大論篇についての概要

「四気」とは、春温、夏熱、秋涼、冬寒の四季の気候である。

人々は気候の変化にいかに適応し、調節するかをわきまえて、疾病の発生を予防しなければならない。

司馬遷は「春に生じ、夏に成長し、秋に収め、冬に蔵する、これが天地の大いなる原則である。これに従順でなければ綱紀とすることはできない」と述べている。

これは養生と疾病予防の重要な鍵である。

「四気調神大論」とは、つまり四季の気候変化に従い、生気を調節することによって、養生と疾病予防の実際効果を達するということを強調しているからである。

 

 

 

 

 

春の養生法

春の三ヶ月は、あらゆるものが古いものを推し開いて新しいものを出す季節。新しいことを始めるのにいい季節。

ということで・・・・

仕事の新年度、学校などの入学式など

自然界では、生き物や植物などが芽を出して花開いたり、虫たちが発動

春は、すべてが生き生きと栄えてくる季節、活動的になっていく季節です。

 

人々は少し遅く寝て少し早く起き、庭に出てゆったりと歩き、髪を解きほぐし、体をのびやかにし、心持ちは活き活きと生気を充満させて、生まれたばかりの万物と同調するのが良い。

なので自分自身の生活も積極的でノビノビと活動的に行ない、無理に我慢したり静かに沈んだ状態でいることはしない方がいい

他人に対しては、頑張って何かを始めた人を応援すべきで、邪魔したり茶化してはいけない。大いに心で励まし、またその姿を見て楽しむべきであり、他人にも自分にもむごい扱いをしたり苦しめてはいけない

これが春に適応し、「生気」を保養する道理である。

もし、この道理に反すると、肝気を損傷し、夏になって変じて寒性の病を生じ、人体がもっている夏の盛長の気に適応するという能力を減少させてしまう。

 

春になってよく現れる症状について

春になると、体がだるい、のぼせる、眠れないと訴える人をよくみかけます。

これは、適当な運動をして陽気を発動してやると治ってしまいます(へたに薬などを飲むと悪化します)。

また、春になって活動しないと陽気が沈んだままだから、夏でも汗が少なく冷え症になる。

春は、活動的な気持ち、活動するのが良い時期。この春の気に逆らって静かに沈んだ状態でいると病気になります。

 

これが今から、2500年前に説かれた「春の過ごし方」です。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA