東洋医学に学ぶ体質別食養生 〜気血津液と体質

人体に必要な気血津液

東洋医学では我々が日々の生活や生きていく上で必要なエネルギーを気・血・津液(しんえき)といい、これらが必要なときに使われて保存されてる場所が五臓(肝・心・脾・肺・腎)になります。

そしてこの五臓の働きが弱ってたり、衰えてると気血津液の過不足が生じて、身体は不調になり病へと進んでいきます。

気・血・津液の過不足は、睡眠不足であったり、ストレス、過労などでも起こりますし、一番気をつけなければいけないのが飲食の偏りです。

逆に言えば飲食をコントロールすれば、気血津液の過不足を防げるということになります。

 

気血津液の過不足について

気・血・津液という身体に必要な要素が不足した状態を東洋医学では「気虚」「血虚」「陰虚」と言います。「虚」というのは物が足りてない状態をいいます。

気・血・津液が過剰にある(流れが滞っている)状態を「気滞」「瘀血」「痰湿」といいます。

気について

気は体を温め、血液・体液を巡らせ、そのことで五臓六腑に栄養を与え、免疫力を保つなどの働きを持ち、五臓六腑の正常な活動を維持します。

ところが気の巡りに何らかの問題があれば、五臓六腑に悪影響を及ぼします。例えば気が昇って上に集まり過ぎると頭痛を引き起こしたりします。

気の巡りが滞ることを「気滞」といって、胸苦しい感じがしたり、イライラしたり、お腹が張ったりします。これは怒りや鬱、運動不足などによって引き起こされます。

気が不足すれば「気虚」となり、少し動くと息切れし、疲れやすくなります。これは過労や胃腸が弱く栄養吸収能力が低下してると起こりやすくなります。また、気は温める作用があるので、不足すれば全身の冷えやシビレなどの症状も出てきます。

 

血について

血はサラサラで、体の隅々まで巡るのが良く、各組織を活性化させる働きがあります。

血が不足すると「血虚」とよばれ、貧血やめまいが起こりやすく、とり目になることもあります。

血の巡りは、気の巡りにリードされます。気の巡りが滞ると血の循環も悪くなり、これを「気滞瘀血」といいます。こうなると体のあちこちで刺すような痛みを感じ、血の巡りが悪いために各臓器の働きも弱くなり、消化吸収機能も低下し、気と血の生成にまで影響を及ぼします。

 

津液(しんえき)について

これは血以外の内、外分泌液や体液(汗、唾液、涙、鼻水、関節液、脳内の液など)を津液とよびます。

体液の巡りが悪くなったり、体内の水を処理しきれなくなったりすると、浮腫や糖尿病、腎炎、アレルギー症状などを引き起こします。

大汗や大出血などにより津液が不足すると乾燥状態になり、ドライアイ、乾燥肌、口の渇き、空咳などの症状が出やすくなります。

 

症状別体質チェック

下の設問で各グループでの該当項目数をチェックして下さい。3つ以上該当項目があれば、その症状である可能性が大!

【気虚】

⑴ 疲れやすい

⑵ 何をするにも億劫である

⑶ 昼間にも眠気がある

⑷ 手や足が冷える

⑸ 風邪をひきやすい

 

【血虚】

⑴ 立ちくらみがする

⑵ こむら返りをよく起こす

⑶ 顔色が悪い(蒼白)と言われる

⑷ 爪にツヤがない

⑸ 胃腸が弱く痩せ気味である

 

【陰虚】

⑴ 眼が乾燥したり、口や喉が渇く

⑵ 皮膚が乾燥したり、荒れやすい

⑶ 便がコロコロして硬い

⑷ 手や足が火照る

⑸ 寝汗をかく

 

【気滞】

⑴ イライラしやすい

⑵ 心がふさぎがちである

⑶ 目が疲れる

⑷ お腹が張りやすい

⑸ 喉に何かつかえた感じがある

 

【瘀血】

⑴ 顔や唇の色が暗いと言われる

⑵ 目にクマが出来やすい

⑶ 頑固な頭痛・肩コリ・関節痛などがある

⑷ 刺すような痛みがある

⑸ 肌に毛細血管が浮き上がっている

 

【痰湿】

⑴ むくみやすい

⑵ 体が重だるい

⑶ 痰がよく出る

⑷ 雨や曇りの日が症状がきつくなりやすい

⑸ 尿意はあるが出にくい

 

 

如何だったでしょう?

次回は症状別にポイントとオススメ食材を紹介いたします。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA