魔界を歩こう ~象の像の行方は?~

岩滝寺

岩滝寺は「象の像がある廃神社」として紹介されていました。

名前には寺がついているのに神社と紹介されていることが多いです。正式名称は「岩瀧大美神」で実際のところお寺なのか神社なのかはよくわかりません。

岩滝寺は2003年頃から使われなくなったようで、なんだか不気味な彫像のがあるせいか、有名な廃神社になりました。
問題の象は経年劣化によりボロボロで鼻の先は折れています(真偽のほどは定かではないですがネットにて『象の鼻折ったの僕の近しい人のお兄さんでヤンチャな人なんですけど、その帰りに事故で亡くなりました』と)。象の上には鳥(キジ?)が乗っています。

ただ現在はこの象の像は無くなっていました。

自然溢れる場所なので一見すると「静かな神社」という印象。しかし社屋内は廃れて人がいる気配を感じさせません。

鳥居、祭壇、お稲荷様、御神体などそのままで残されています。

さらに七面大明神に関して恐怖を感じさせる注意書きがあります。簡潔に書くとこんな感じです。

「この山は七面大明神という恐ろしい神様を祀っています。これまでこの神様の怒りに触れた人々は不幸になったり、命を取られています。神様の気に障るようなことをしてはいけません」

この場所で騒ぐと祟られるといった噂から心霊スポットになったのかもしれません。

 

高槻市の国家公務員官舎跡地

この官舎の団地内で焼身自殺があったらしく、この近辺で一時期霊がでるという噂があったそうです。

今では平和な街の状況で、そんな噂も忘れられて何事もないようです。

現在はこのような感じです

 

高槻、川久保~成合

いわくのある場所ばかり巡っていたので、この神社に来て救われたような気分で心地よさを感じました。ここは高槻の山にある川久保の諏訪神社。近所で親子がボール遊びをしてほのぼのとした雰囲気でした。

ただ、この川久保という場所、30年ぐらい前に幽霊タクシー騒動があって当時の新聞にも掲載されたらしい。新聞に載ったのは、タクシーに乗せた女の子が消えたということだった。その後、MBSラジオの「ヤングタウン」で現地の幽霊を乗せた場所付近から生中継をしたとき、「私幽霊じゃないわよ・・・」という女の子の声がハッキリ聞こえたとか。

このあたりで乗せたんでしょうかぇ・・・・

まぁ、ここまでの話を信じるか信じないかは、あなた次第!

昼間いけば心地いい場所ですよ!


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA