魔界を歩こう~笠置山

京都府相楽郡笠置町に「笠置自然公園」というものがあります。緑あふれる自然環境で太氣拳の立禅をすれば気持ちいいだろうと思い、今年の初練習を兼ねて訪れることにしました。

さぁ、適当な練習場所を探して稽古しようと笠置山に入山!

入山し山道に歩を進めるも、とても稽古できそうな地形は見当たらず、山道も朽ち果てたような道が続くのみ。とりあえず頂上を目指すこととしました。

頂上付近に到着すると笠置寺に。ここは1300年前に東大寺の実忠和尚、その師良弁僧正によって笠置山の大岩石に仏像が彫刻され、その仏を中心として笠置山全体が一大修験行場として栄えた場所とのことである。

とりあえずせっかく来たので拝観することに。

笠置寺の和尚のぼやきが書かれてました。ウソ鳥がこの笠置山には生息していて、この鳥は桜の花芽(発達して花になる芽)が大好物で、これを餌にして食べるので笠置山では年々桜の花が咲かなくなっていると。さらにこのウソ鳥は保護鳥なので、駆除もできず「どうすることもできない(泣)」という愚痴が書かれてました。

さらにあちこちをみて歩を進めていきます・・・

この笠置寺はかなり山頂の高いところにあり、景色がいいのですが、とんでもない廃墟を見つけてしまいました。

「笠置観光ホテル」京都でも最恐といえる心霊スポットです。

松竹芸能の若手芸人が心霊スポットへ肝試しに行き、女性の霊が写った有名な動画がここで撮影されたものでした。

現在はこの笠置観光ホテルの敷地は立ち入り禁止になっており入ることはできません。

なので、遠目から外観を画像に収めようと、撮影ポイントへ向かいました。

この画像の空に注目してください。

少しずつターゲットに近づくにつれ、空が怪しくなってきました。

一番近くで撮影できるポイントでカメラを構えると、激しくアラレが降り出しました。オーブのように見えますがこれはアラレです。

いわくのある廃墟を後にして、戻ってくると空は晴れてきて何事もなかったかのように・・・・ 偶然でしょうが、タイミング良すぎて勘ぐってしまいます。

お年寄りが多く、落ち着いた田舎のいい雰囲気の通りには、似つかわしくないデザインのお店が。 ここは酒屋ではないでしょうね。

 

笠置山での自然公園の初稽古は結局、出来ず仕舞いでした。心霊凸の予定ではなかったのですが・・・・・


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA