魔界を歩こう ~西宮牛女伝説と夫婦岩

西宮にある甲山。ここは数々の幽霊目撃談ならびにUFOの目撃など、数々の不可解な現象が起こっています。真偽のほどはわかりませんが….

牛女伝説

① 芦屋、西宮市一帯が空襲で壊滅したとき、ある牛のトサツ場も焼失。そこには座敷牢があり、中には牛頭の娘が閉じ込められていたという噂があって、その空襲の焼け跡に牛女が現れたという。この事件は地元の新聞にも掲載されたという。

② 深夜、六甲山から甲山あたりの峠道をバイクで走っていると、着物の女が立っていた。こんな夜の山道になぜ? よく見ると女の顔がおかしい。体は人間だが頭の部分だけが牛になっている。ライダーは慌てて逃げるのだが、そのあとを牛女が四つん這いになって追いかけてくる。これに追いかけられたライダーは、必ず事故に遭ってしまう。

この牛女が出没する付近に鷲林寺がある。牛女は鷲林寺の洞窟に幽閉されており、夜ごと抜け出して人を襲うという・・・・

本堂下に八大龍王をお祀りする洞穴があります。噂では牛女は、この洞穴に幽閉されていたと・・・

祠の後ろに洞穴があります。現在は柵で覆われて中は窺いしることはできませんでした。というのも、以前は柵などなかったようです。牛女の噂を聞きつけて深夜に心ない心霊マニアが訪れて騒いだり、罰当たりなことが続いたので、苦肉の策として封印したようです。

この洞穴、戦国時代に織田信長によって鷲林寺が焼き打ちされた折、その兵火から逃れるために、お坊さんが有馬まで穴を掘って逃げ延びたといわれるもので、現在は10mほどのところでせき止めて八大龍王をお祀りしているとのこと。

 

牛女伝説を信じるか信じないかは、あなた次第!

 

夫婦岩の祟り

県道82号の道路の真ん中に巨大な岩が鎮座しています。地元では女性器を連想させるので「オ○コ岩」と呼ばれている夫婦岩です。

 

昭和13年に発生した水害により壊滅的な打撃を受け、拡張工事が行われました。そのときに県道予定地の真ん中に大きな岩が陣取っていて通行の妨げになった。そこで爆破計画が持ち上がりました。

ところが爆薬を仕掛けて明日執行という前日、工事主任が急死、もちろん工事は中止に。このことで ”夫婦岩をどけようとすれば祟りがある”という噂が流れ、しばらくは誰も夫婦岩にさわりませんでした。

数年後「そんなバカげたことあるかいな!」といい爆破しようとする人物が現れました。そして明日執行という前日、またも急死してしまいました。

夫婦岩は磐座信仰と関わりがあるのかを思わせます。ご神体ですね。

 

さらにこの近くに甑岩(こしきいわ)という磐座をご神体として祀っている越木岩神社があります。この神社の北側の土地に甑岩とは別に三つの磐座があります。

実はこの磐座のある土地にはつい先日まで大学があったが、経営難に陥り土地は転売、マンションが建設されることになってしまった。大学が建設された当時は。神聖な磐座は触れられることなく保存されていたのだが・・・

これが現在、更地にされた土地にポツンと残された磐座である。

ここに立つマンションが事故物件にならないことを祈るのみである。

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA