【太淵・魚際・少商】扁桃腺の熱を冷ましたり…

 

太淵について

「太」は大きいの意、「淵」は深い。経気が深く集まる所を例えて「淵」といい、橈骨と手根骨の間の大きく深い淵のような陥凹部にあるツボ。

主治:  肺気不宣(肺気の留滞)、肺の弱り、肺の機能が減弱して呼吸困難

太淵を刺激(鍼治療など)すると下腹部の回盲部がプルプルと鳴り、心下〜臍の上(ツボでいうと中脘)にかけての痞えが取れてきます。経絡の流れを見れば納得出来ると思います。

 

魚際について

「際」は辺縁を指し、ここの筋肉の隆起が魚の腹に似ているところから、魚際と名付けられました。

主治 : 肺(呼吸器系)の熱を鎮める、熱からくる喉の痛み

主に肺経上の熱を取る作用があります。なので扁桃腺炎などの喉の熱に対して揉んであげると効果的です。

 魚際は胃のルートとも繋がっており、胃に熱があると赤く、冷えがあると青くなります。体調管理や養生には欠かせないツボですね。

ここをチェック!

 

少商について

「少」は小さい・幼いという意、「商」は五行五音の商で肺を示します。

東洋思想では、ドレミなどの音も五行に置き換えて表現されています。

主治 : 心窩部の膨満感に効果があります。

扁桃腺炎の際、刺絡(意図的に出血されて悪い血を出す)すると奏功することが多いです。出血してくるのは肺経の熱で黒い血が出てきます。このとき鮮血が出た場合は、気を漏らしたことになるのですぐに止血しなくてはなりません。

 このツボは一般の方には使いづらいツボですね。参考程度にどうぞ。

 

今回で肺の経絡のツボはおしまいです。次回からは肺と密接に関係のある大腸経です。

なぜ風邪をひくとお腹を壊すのか? そういったことも紹介出来ると思います。では…

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA