【列缼・経渠】頭頂部や後頭部の重だるい痛みに

 

 

列缼について

「列」は分裂、分かれるという意味で、「缼」は容器の裂け目、割れ目の意味で、このツボは手関節部にあり、橈骨茎状突起の割れ目の所に位置するので、この名がつけられました。

古来より雷神は裂缼と呼ばれ、その雷電は上から下へ突き通す働きがあるとされている。

主治 : 頭項部の強張りと痛み、咳嗽、咽喉部の腫脹

作用 : 冷えの痰を取り、肺の機能を促す。

・痰が溜まってゼロゼロするといった場合

・頭重感やめまいのある時

・風邪の初期の後頭部痛に

 

経渠について

「経」は山から一条になって流れる川で動いて留まらずの意。「渠」は溝、運河、用水路の意。

溝に山から一条になって流れる川を表し、橈骨と橈側手根屈筋の溝の中に橈骨動脈が一条になって流れてきている状態のところにあるツボの意。(肺経の経気が休まず流れて留まらない状態)

主治 : 足の裏の痛みに効果がある。呼吸器系の愁訴に

作用 : 肺の働きを整え、熱や咳を止める作用がある

 

この二つのツボは、風邪の引き始めで何となくダルいときに押さえると、痛みがあります。揉んで痛みが軽減すれば、ダルさは若干マシになります。

肺の経絡のツボは、呼吸器系の症状に反応を示し、治療点ともなります。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA