【天府・俠白】喉の痛み、上腕痛、心痛に

今回も手の太陰肺経の経絡から

 

天府について

「天」は身体の上部をいい、臓腑で一番高い場所にある肺の意味もある。「府」は全身の諸気が集まる場の意味。

作用 : 肺の気を通す。熱性の病を鎮める

主治 : 喉の痛み、上腕の痛み

上腕二頭筋の炎症の際に、疼痛、圧痛が出やすい。肩の挙上痛の場合、上腕二頭筋の力こぶ部分の天府のツボ付近を強く掴んで痛みがあれば、上腕二頭筋腱腱鞘炎の可能性がある。

 

俠白について

「俠」は差し挟む、「白」は五行の金で肺を意味する。上腕内側にあるこのツボは、白(肺)を挟んでいるということを表しています。

古人は目の前に真っ直ぐ伸ばした腕を高く挙上し、鼻先と上腕がぶつかる所をツボとしました。

また別法として、乳頭に墨で印をつけ、乳を挟むように上腕を胸の前で交差させ、乳頭に押し付けて墨がついた所をツボとしました。

作用 : 肺の気を散布していく。胸を開いて呼吸を整える

主治 : 咳、心痛、上腕内側痛、からえずき

天府同様、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎が疑われる場合、このツボ付近を圧迫すると反対側に比して顕著な圧痛がある。腱の付着部の炎症があれば、筋腹、停止部にまで圧痛が出現する。したがって、上腕二頭筋の圧痛が反対側より顕著であれば、起始部かどこかに異常があることを示唆します。

私はこの二つのツボは診断点として使いますが、治療点としては、あまり使用しないですね。

肩の動きが悪いときに、このツボ付近を軽くほぐしてやれば、解消されます。

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA