五臓六腑の考え方 肝の働きと特徴

東洋医学で、体のいろいろな機能を系統立てたものに『五臓六腑』があります。

「五臓」とは、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」のことで、生命活動の基礎となる栄養物質を貯蔵する働きをもちます。そして、これら五臓の働きを補助するのが「六腑」です。

現代医学における臓器と名称が同じでもイコールの存在ではなく、もっと広い意味で組織器官の働きを包括するもので、生理機能も含めて捉えています。

今回から数回に分けて五臓六腑について解説したいと思います。

肝 の 働きと 機能

【肝の蔵象】

肝という字の字義

肝 = 月+ 干    「干」というのは「幹(みき)」という意味。身体の中の幹となる臓器という意味である。

肝腎要の臓器 = 人間の体の中で肝と腎が重要な事を示している。つまり、五臓六腑の中で肝腎の位置する所は大きいという事

 

【性質】

1、肝のイメージは木

肝は五行(木・火・土・金・水)の「木」である。

木のイメージは上に伸びていく = 上昇するイメージ、春に芽吹くイメージ

木は上下にのびのびと伸びていきます。つまり、肝は自由にのびのびとする、あるいは外へ発散しようとする性質を表している

この肝の性質を考えると、精神的圧迫、極度のストレスで自由に出来ないと、肝の臓器を病むことになります

 

2、肝は血を蓄えて心(臓)の力を借りて、身体の各組織を巡らせている

肝に充分に血が蓄えられれば、上述の上昇・発散する力も増し、肌肉・関節・臓腑などにくまなく血が行き渡り、各組織は正常に働きます。

月経・外傷の出血、栄養不良で体内を循環する血が不足すると、目のかすみ、頭が重たい、疲れやすい、顔色が悪いなどの症状を表す。

 

3、戦の統率者のイメージ、東洋医学的には「将軍の官」と表現される

① 邪気に抵抗する外邪と戦う作用がある。肝の蔵がある程度緊張しているからこそ、外邪との抗争が出来るし、生活面でも生きる張りを持って過ごせる

② 非常に猛々しい性格を持った臓

この機能があることで、例えば、長い闘病生活を送ったり、最後の力を振り絞って生きている者にとっては、生きる気力の素となるのである。

 

4、あれこれ思いを巡らせて、はかりごとをする

積極的に考えを巡らし、用意周到な計画を練るという意味。集中できる力を持っている。

肝が弱ると、集中力が欠如し、考えがまとまらず気持ちばかり焦ってイライラ怒り出す

肝の積極的な性質のことを「魂」という。これは肝に血が充分に蓄えられてて初めて機能する。精神や肉体が疲労して血が不足し、肝が弱ると積極的にチャレンジする気力が出ない。

 

 

【肝が関わる体の部位 = 肝が病んだり弱ると、この部位に反応が出る】

❶ 目

経絡が目に連なっています。目に血が充分行き渡れば、目は栄養されて物がよく見え判別することが出来ます。

白内障、緑内障、眼底出血、結膜炎なども肝との関わりが大きい

❷ 筋

肝は血によって筋や筋膜を栄養しています。肝の血の不足は、筋が引きつったり弛んだりする。

筋肉が関わる腰痛や肩凝り、スポーツでの肉離れは筋を栄養している血の不足が原因かと

❸ 肝の異常は爪に反応を表す

肝が弱ってると、爪が薄くなる、割れやすい、爪に縦筋が目立つ(ストレス過多)

 

【肝と食べ物と味の関係】

肝は貯蔵している血を全身に巡らせているが、血を補充しなくては、巡らす血が無くなってしまいます。

体に血が巡ると、温まって熱をもちます。体を動かしたり、何かを見たり、思考をあれこれ巡らすことでも、その部位へ血を巡らせていきます。

血が巡っているということは活動的な状態で興奮状態でもあります。この興奮状態が必要以上に継続したり、睡眠が不足すると、体は熱っぽい状態になっていき疲れやすくなったり、睡眠が足りてないので内臓も不活発になり、病への道へと進んでいきます。

このようなときに、酸味の物を食すと、全身に巡ってた血を肝に戻してあげることが出来て、興奮状態が落ち着いてきます。

例えば、スポーツですぐに足がつったり、靭帯を傷めやすい人は、必要なだけの血が足りてないか、血が肝に戻り切る前にドンドン消費してしまってることもかんがえられます。なので、適度に酸味の食べ物を摂取するようにすれば改善されてくるかもしれません。

 

【肝が病むと起こる症状】

肝が病むことの根本要因は、肝が貯蔵している血が不足することで起こります。

血は身体を動かす際のガソリンのような性質があり、皮毛・筋肉・骨などを形づくる原材料としての働きがある。

① 筋肉痛、腰痛、神経痛

血が不足して潤いがなくなった筋は、伸び縮みしにくく、痛みや運動障害に

② 考えがまとまらずにイライラする

気配りや勉強などの頭脳労働でも血は消耗する

③ 疲れ目、ドライアイ

何かを見ても血を消耗

④ 女性の冷え性、貧血、婦人科疾患

生理で血が不足する

 

 

肝が弱っている状態を東洋医学では「肝虚」といいます。

その肝が弱っているところに、何らかの病因となるものがプラスされて、はじめて病気になります。

病気にならないためには、肝が弱りをまず自覚し、それに対処していくことが大切です。

病気になる寸前で対処するのが、本来の養生法でこれを「未病治」といいます。

「未病」: 未だ病ではない状態 、それを治すということです。

ここに載せてある肝の性質を理解して、未然に防ぐ手助けにして下さい。

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA