古典の養生法を参考にしよう3

自然に調和するのが大切であると前回述べたのですが、それをさらに詳しく述べると「陰陽」の考え方に基づくのが基本的な考えであると本篇で黄帝は述べています。

 

まず、古典医学でいう気の概念は大きく分けて二種類あります。

  1. 自然界の温度や湿度、風の強い弱いなどの状態を「気の働き」と考えた。季節や一日のうちでもこの気の状態は変化する。この自然界の気にうまく適応して生活する方法を養生法といいます。
  2. 人体の働きの全てを「気の働き」と考えた。飲食物の消化力、排泄力、体温調節などの全てが含まれる。その働きのうち、動的なものを陽気、静的なものを陰気と表現し、動的なまのと静的なもののバランスが崩れた時、気が病む(病気)と考えた。

そして人間は自然の気を受けて生活しているのだが、季節の働きに合わせた生活を守ることが大切です。

自然の働きには陰陽の別がある

春夏や日中は陽に属し陽気が多い。秋冬や夜中は陰に属し陰気が多い。

この自然の気の働きを人体も受けるから、身体にも陰陽の働きがあるのだ。

 自然界に陰と陽の時期があるように、身体の陰陽の気もバランスを保っている。この陰陽の気の割合は季節に合わせて多くなったり、少なくなったりする。この一定のバランスが崩れた時が病気である。

身体の陰気は生命の原動力である精気を貯え、身体内部を引き締め、陽気が発散しすぎないようにする。寒・静の性格をもって働く。

陽気は主に身体外側をめぐり、外界からの刺激(気温の変化など)に対して身体を護る作用がある。熱・動の性格をもって働く。

①陽気が多くなった時の病症

陽気が内にこもり過ぎ、陰気が少なくなると狂状を発する。この時に暑気が加わると身体は熱くなり、うわ言を言ったり、ひどいときは失神する。

陽気が多いときに湿気が加わると頭がボーっとし、筋肉や関節が腫れて重だるくなる。

②陰気が多くなった時の病症

陰気が多くなると陽気が少なくなる。手足に力がなくなり、口、耳、眼などの働きが悪くなる。もし発汗し過ぎて陽気が不足している時に風にあたると半身付随になる。

 

このように陰陽の気のバランスが崩れると病気になる。だから自然に調和して生活することが長寿の秘訣である。

 

生気通天論

黄帝曰、夫自古通天者、生之本、本於陰陽。天地之間、六合之内、其気九州、九竅、五蔵、十二節、皆通乎天気。其生五、其気三。数犯此者、則邪気傷人。此寿命之本也。
蒼天之気清浄、則志意治。順之、則陽気固。雖有賊邪、弗能害也。此因時之序。故聖人伝精神、服天気、而通神明。失之則内閉九竅、外壅肌肉、衛気散解。此謂自傷。気之削也。
陽気者、若天与日。失其所、則折寿而不彰。故天運当以日光明。是故陽因而上衛外者也。
因於寒、欲如運枢、起居如驚、神気乃浮。因於暑汗、煩則喘喝、静則多言、体若燔炭。汗出而散。因於湿、首如裹。湿熱不攘、大筋緛 短、筋弛長。緛 短為拘、弛長為痿。因於気為腫、四維相代、陽気乃竭。
陽気者、煩労則張精絶。辟積於夏、使人煎厥。目盲不可以視、耳閉不可以聴。潰潰乎若壊都、汨汨乎不可止。陽気者、大怒則形気絶、而血菀於上、使人薄厥。
有傷於筋、縱其若不容。汗出偏沮、使人偏枯。汗出見湿、乃生座疿。高梁之変、足生大丁、受如持虚。 労汗当風、寒薄為皶 、鬱乃座。
陽気者、精則養神、柔則養筋。開闔不得、寒気従之、乃生大僂。陥脈為瘻。留連肉腠、兪気化薄。伝為善畏、及為驚駭。営気不従、逆於肉理、乃生癰腫。魄汗未尽、形弱而気爍、穴兪以閉、発為風瘧。
故風者、百病之始也。清静則肉腠閉拒、雖有大風苛毒、弗之能害。此因時之序也。
故病久則伝化、上下不并、良医弗為。故陽畜積病死、而陽気当隔、隔者当写、不亟正治、粗乃敗之。 故陽気者、一日而主外、平旦人気生。日中而陽気隆。日西而陽気已虚、気門乃閉。是故暮而收拒、無擾筋骨、無見霧露。反此三時、形乃困薄。
岐伯曰、陰者蔵精而起亟也。陽者衛外而為固也。陰不勝其陽、則脈流薄疾、并乃狂。陽不勝其陰、則五蔵気争、九竅不通。是以聖人陳陰陽、筋脈和同、骨髄堅固、気血皆従。如是則内外調和、邪不能害。耳目聡明、気立如故。
風客淫気、精乃亡、邪傷肝也。 因而飽食、筋脈横解、腸澼為痔。因而大飲、則気逆。因而強力、腎気乃傷、高骨乃壊。
凡陰陽之要、陽密乃固。両者不和、若春無秋、若冬無夏。因而和之、是謂聖度。故陽強不能密、陰気乃絶。陰平陽秘、精神乃治。陰陽離決、精気乃絶。因於露風、乃生寒熱。是以春傷於風、邪気留連、乃為洞泄。夏傷於暑、秋為痎瘧。秋傷於湿、上逆而咳、発為痿厥。冬傷於寒、春必温病。四時之気、更傷五蔵。陰之所生、本在五味。陰之五宮、傷在五味。是故味過於酸、肝気以津、脾気乃絶。味過於鹹、大骨気労、短肌、心気抑。 味過於甘、心気喘満、色黒、腎気不衡。味過於苦、脾気不濡、胃気乃厚。味過於辛、筋脈沮弛、精神乃央。是故謹和五味、骨正筋柔、気血以流、腠理以密。如是則骨気以精。謹道如法、長有天命。

 

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA