古典の養生法を参考にしよう 2

今回は黄帝との問答形式ではなく、四季に心身を調和させる方法が述べられてます。

要するに養生法です。

① 春の養生法

春の三カ月を発陳という。冬の間に隠れていた全てのものが、芽を出し活動的になり始める時期です。

陽気の多くなる時期です。人体も陽気が多くなる時期。

日の入りと共に寝て、日の出と共に起きるのがいい。

心身共にのびのびと活動的な気持ち、行動を起こすにはいい時期である。これが春の時期に応じる方法である。

この春の気に逆らって、静かに沈んだ状態でおると病気になる。

春の芽吹く季節になると神経痛や皮膚病になる人や、身体がだるい、のぼせる、眠れないなどと訴える人もいます。

こんな人は適当に運動をして、陽気を発動してやると治ってしまうでしょう。春になっても活動しないと、陽気が沈んだままで、夏になると汗が少なくなり冷え性になります。

そうです、運動をするのがいいんです。

 

② 夏の養生法

夏の三カ月を蕃秀という。草木が成長し、万物が茂り花咲き乱れ、陽気が最高潮に達する時期です。

この時期は太陽が沈むと寝て、日の出とともに起きる。適当に運動して一日一回は発汗するように心掛ける。

もし陽気を発散しないと、身体内に熱がこもって病気になる。

東洋医学において、身体内で一番陽気の多い所は心です。熱の多い心にさらに熱がこもって心臓を悪くする。

陽気を発散しないと身体全体も暑く感じ出します。すると冷房や冷たい飲み物を欲しがるようになり、これを夏の間続けると下痢をします。冷房病もそうです。

夏に熱を発散しないと、胸に熱がこもる。秋になって肺がよく働く時期になると、肺がその熱により乾燥されて、痰の少ない乾いた咳をし出します。

 

③ 秋の養生法

秋の三カ月を容平と言う。万物が実を結ぶ時です。全てが引き締まり収納される時期。当然身体の陽気も体内深くに収納される。

この時期は早く寝て、鶏とともに起きるぐらいがいい。

あれもやりたい、これもやりたい、などとイライラして活動的になってはいけない。ちょうど春の過ごし方と逆である。

この時期に活動し過ぎて、陽気を発散すると肺が弱り、冬になって下痢になる。

発汗し過ぎると風邪になりやすい。もし秋に発汗した場合はすぐに拭き取るのがいい。

 

④ 冬の養生法

冬の三カ月を閉蔵という。万物が静かに沈み消極的になる時期です。全てが収納され、貯蓄されておく時期で、決して発散してはいけない。

この時期は早く寝て遅く起きる。陽気も深く貯蔵されているから、心身共に活動的になってはいけない。

運動などで発汗するなど絶対ダメである。(昨今のマラソンブーム、冬にフルマラソンなんて、私は推奨しません。これは私の中でのデータですが、冬に頑張ってマラソンやランニングしてる人はだいたい、1回以上はその冬に風邪引いています)

もしこの時期に発汗したり、酒を飲んで一時的に陽気を多くし、その反動で冷えたりすると腎を悪くする。

冬に無理すると、春になっても陽気が発動しません。必ず手足がだるくなります。

 

冬の間じゅう風邪気味という人がいますが、これは養生法が間違っている。春から冬までの養生法をみていただくとお分かりと思いますが、冬に何らの症状や病になるのは、その前の季節(ここでは秋)の過ごし方が影響して症状に表れていることを。

病気になってから対処するのではなく、未病治(いまだ、病まざるを治す)といって、まず病気にならないように努力することが大切と思います。

古代からの予防医学法。医療費高騰などの問題も含めて、現代にこそ必要なのではないかと思います。

 

⒊ 生気通天論

春三月、此謂発陳。天地倶生、万物以栄。夜臥早起、広歩於庭、被髮緩形、以使志生。生而勿殺、予而勿奪、賞而勿罰。此春気之応、養生之道也。逆之則傷肝、夏為寒変、奉長者少。

夏三月、此謂蕃秀。天地気交、万物華実。夜臥早起、無厭於日。使志無怒、使華英成秀、使気得泄、若所愛在外。此夏気之応、養長之道也。逆之則傷心、秋為痎瘧、奉收者少、冬至重病。

秋三月、此謂容平。天気以急、地気以明。早臥早起、与雞倶興。使志安寧、以緩秋刑。収斂神気、使秋気平、無外其志、使肺気清。此秋気之応、養收之道也。逆之則傷肺、冬為飧泄、奉蔵者少。

冬三月、此謂閉蔵。水冰地坼、無擾乎陽。早臥晩起、必待日光、使志若伏若匿、若有私意、若已有得。去寒就温、無泄皮膚、使気亟奪。此冬気之応、養蔵之道也。逆之則傷腎、春為痿厥、奉生者少。

天気清淨光明者也。蔵徳不止。故不下也。天明則日月不明、邪害空竅、陽気者閉塞、地気者冒明。雲霧不精、則上応白露不下、交通不表、万物命故不施。不施則名木多死。悪気不発、風雨不節、白露不下、則菀藁不栄。賊風数至、暴雨数起、天地四時不相保、与道相失、則未央絶滅。唯聖人従之、故身無奇病、万物不失、生気不竭。
逆春気、則少陽不生、肝気内変。逆夏気、則太陽不長、心気内洞。逆秋気則太陰不收、肺気焦満。逆冬気則少陰不蔵、腎気独沈。夫四時陰陽者、万物之根本也。所以聖人春夏養陽、秋冬養陰、以従其根。故与万物沈浮於生長之門。逆其根、則伐其本、壊其真矣。故陰陽四時者、万物之終始也、死生之本也。逆之則災害生、従之則苛疾不起、是謂得道。道者、聖人行之、愚者佩之。
従陰陽則生、逆之則死。従之則治、逆之則乱。反順為逆、是謂内格。是故聖人不治已病治未病、不治已乱治未乱、此之謂也。夫病已成而後薬之、乱已成而後治之、譬猶渇而穿井、闘而鑄錐、不亦晩乎。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA