古典の養生法を参考にしよう①

中国にある古典で東洋医学の基礎ともいえるものに「黄帝内経・素問」というものがあります。

原文や訳文をそのまま読んでも、一般にはわかりづらい文章ですが、現代でも活かせることが沢山書いてあります。

素問は、黄帝という王様と、臣下であり医師の岐伯、雷公などの人達との問答形式で書かれています。

ここでは、鍼灸師・池田政一先生が書かれた「素問ハンドブック」を参考にして、現代で使える養生法や身体のしくみなどを書いてみようと思います。

上古天真論

昔在黄帝、生而神霊、弱而能言、幼而徇斉、長而敦敏、成而登天。廼問於天師曰、余聞上古之人、春秋皆度百歳、而動作不衰。今時之人、年半百而動作皆衰者、時世異耶、人将失之耶。岐伯対曰、上古之人、其知道者、法於陰陽、和於術数、食飲有節、起居有常、不妄作労。故能形与神倶、而尽終其天年、度百歳乃去。今時之人不然也。以酒為漿、以妄為常、酔以入房、以欲竭其精、以耗散其真。不知持満、不時御神。務快其心、逆於生楽、起居無節。故半百而衰也。
夫上古聖人之教下也、皆謂之虚邪賊風、避之有時。恬憺虚無、真気従之、精神内守、病安従来。 是以志閑而少欲、心安而不惧。形労而不倦、気従以順。各従其欲、皆得所願。故美其食、任其服、楽其俗、高下不相慕。其民故曰朴。是以嗜欲不能労其目。淫邪不能惑其心。愚智賢不肖不惧於物。故合於道。所以能年皆度百歳、而動作不衰者、以其徳全不危也。
帝曰、人年老而無子者、材力尽邪、将天数然也。 岐伯曰、女子七歳、腎気盛、歯更髮長。 二七而天癸至、任脈通、太衝脈盛、月事以時下。故有子、三七腎気平均。故真牙生而長極。四七筋骨堅、髮長極、身体盛壮、五七陽明脈衰、面始焦、髮始墮。六七三陽脈衰於上、面皆焦、髮始白。七七任脈虚、太衝脈衰少、天癸竭、地道不通。故形壊而無子也。丈夫八歳腎気実、髮長歯更。二八腎気盛、天癸至、精気溢写、陰陽和。故能有子。三八腎気平均、筋骨勁強。故真牙生而長極。四八筋骨隆盛、肌肉満壮、五八腎気衰、髮墮歯槁。六八陽気衰竭於上、面焦、髮鬢頒白。七八肝気衰、筋不能動。天癸竭、精少、腎蔵衰、形体皆極。八八則歯髮去。腎者主水、受五蔵六府之精而蔵之。故五蔵盛乃能写。今五蔵皆衰、筋骨解墮、天癸尽矣。故髮鬢白、身体重、行歩不正、而無子耳。
帝曰、有其年已老而有子者、何也。岐伯曰、 此其天寿過度、気脈常通、而腎気有余也。此雖有子、男不過尽八八、女不過尽七七、而天地之精気皆竭矣。帝曰、夫道者、年皆百数、能有子乎。岐伯曰、夫道者、能却老而全形、身年雖寿、能生子也。
黄帝曰、余聞上古有真人者。提挈天地、把握陰陽、呼吸精気、独立守神、肌肉若一。故能寿敝天地、無有終時。此其道生。
中古之時、有至人者。淳徳全道、和於陰陽、調於四時、去世離俗、積精全神、游行天地之間、視聴八達之外。此蓋益其寿命而強者也。亦帰於真人。
其次有聖人者。処天地之和、従八風之理、適嗜欲於世俗之間、無恚嗔之心、行不欲離於世。被服章、挙不欲観於俗。外不労形於事、内無思想之患。以恬愉為務、以自得為功、形体不敝、精神不散。亦可以百数。
其次有賢人者。法則天地、象似日月、弁列星辰、逆従陰陽、分別四時、将従上古、合同於道。亦可使益寿而有極時。

 

黄帝が岐伯先生に問います

「昔の人は100歳になっても元気だった。今どきの人は五十歳になると、もうヨボヨボだ。その理由を聞かせてくれ!」

岐伯先生は、それに答えて防止する方法を提案しています。

①飲食は過不足がないようにすること

好きだからと食べ過ぎは厳禁。ただ食欲のないときは、まず好きで食べたいと思う物から食べると、食欲がわいてくる。

②心身の過労を戒める(ストレスを溜めない)

怒り過ぎてイライラすると逆上せる。のぼせると頭痛、不眠、高血圧に。

悩み過ぎると必ず胃腸の消化力が落ちる

つまり精神的動揺は病気の原因であると説いていて、七種類(怒、喜、思、悲、憂、恐、驚)ある。

③酒に酔ってのセックスは良くない

酒に酔うと身体が温まり活動的になる(陽気が多い状態)。酔いが覚めると寒くなる。これは酒が醒める時に体内の陽気が余分に取られるから。

セックスは活動的なもの。陽気を多く使うので酒の勢いで陽気を使うと、セックスで消耗し、酔いが醒めて消耗するから。

④春夏秋冬の自然の状態に調和した生活をするのが良い

春夏は気温が高く陽気も多くあります。それに合わせて人間も活動的なのがいいです。

夏は適当に汗を流すと涼しくなります。

秋冬は陽気の少ない時期です。静かにしているのがいい。活動して発汗すると風邪を引きやすい。

ここ最近では、自然の世界自体が不健康(温暖化や異常気象)な状態にあります。人間の身体が自然に調和してるというこの考え方からいえば、現代人が不調なのも頷けるとはいえます。

ただ私の考えでは、自然の変化に即座に対応できないほど、人の体は根本的に衰えているんではないかと、思います。

その解決するヒントがこの「素問」にはあると思います。では次回をお楽しみに


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA