お灸で行う虫歯予防

虫歯になり易い人に対して、手陽明大腸経という経絡を治療するとそれ以上進展しません。

手陽明大腸経は図のように手から肩、そして顔面の歯にもで繋がっています。

その場合、この経絡のどこに治療点を求めるべきか?

本来なら、全身の状態と体質を考慮に入れて治療点を決めるのですが、一般家庭で行うなら[合谷]というツボがベストでしょう。

この合谷に定期的にお灸をすえると効果的です。

また、お子さんのための虫歯予防として、
「乳歯が生え揃った時に合谷にお灸をし、また後に永久歯が生え揃った時にも合谷にお灸をすると、虫歯になりにくい」というのもあります。

ここで気をつけてもらいたいのは、“虫歯にならない方法”ではなくて、“虫歯になりにくい体を作る方法”であるということです。

基本的な歯磨きなどの予防を怠れば、虫歯になります。

虫歯の原因はミュータンス菌の感染が広がって、それが活発になって起こるものです。そのミュータンス菌が活発にならない体に仕上げてようとするのがこの合谷へのお灸といえるでしょう。

ぜひ、お試しあれ‼️


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA