魔界を歩こう! 京都 嵐山 〜野宮踏切

秋雨前線や台風の影響が強くて、秋を堪能してる感じがしませんが、もうすぐ京都の嵐山も紅葉のシーズンに突入します。

その嵐山で野宮神社の前から、北へ少し歩いた場所に、JR山陰本線の「野宮踏切」があります。トロッコ列車が通過する踏切で、記念撮影でも有名な場所です。

少し前に松本伊代さんと早見優さんが踏切の線路内で撮影して問題になった、その踏切です。

この踏切は昼間は有名な観光スポットで賑わっていますが、夜になると姿が一変します。

実は京都でも有名な心霊スポットで、この踏切は失恋した女子高生がここで自殺したという。

それ以降、同じように失恋して一人旅をしている女性が同じように自殺しているという話もあります。また、この踏切を自転車で渡ると荷台が重くなる。イチャイチャしてるカップルがここを渡ると、自殺した女性が嫉妬して仲を裂くようなことをするという。

真偽のほどはわかりませんが、気になる方は是非訪れて確かめてください。

ただ夜は、空気が違って嫌なものを感じるのは確かです。

 

近年、踏切にブルーの照明を灯している所を見かけるようになりました。ブルーの照明は何故か、心が落ち着きますね。

参考 : 青色照明が心を落ち着ける理由

この青色照明の場所は踏切以外にも至る所で見かけることがあると思います。

この青色照明で灯されている踏切や電車のホーム、勘のいい方ならお気づきと思います。

そう、自殺が多い場所なのです。

ブルーの照明で心を落ち着かせて自殺を抑止しようと意図したものなのです。確かに僅かながら減少傾向にあるようですが…

本当に自殺なのかどうか…

心霊現象やもしくは心霊現象に見せかけた闇の組織の殺人であるなら、減少はしないかもしれません


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA