リラックスできてますか?

疲れが取れない、体が重たい、朝の目覚めが悪い、肩や首が凝る、っといった症状が慢性的にないでしょうか?

もし、あるとしたら体が充分に回復出来ていない、修復出来ていないと言えます。

自律神経というのが人の体には重要な働きをしてくれます。自律神経は交感神経と副交感神経という正反対の作用を行なってくれる神経です。

交感神経と副交感神経は正反対の作用で東洋医学的にいえば陰と陽の関係になるでしょう。

交感神経の働き

運動をしている最中には、人は一種の興奮状態にあります。心臓の拍動数が早くなり、汗が分泌される。このように身体が活発に活動している時に働く神経が、交感神経です。

交感神経は俗に「闘争と逃走の神経」と呼ばれ、激しい活動の最中に活性化します。闘争=相手と戦う際、身体は緊張状態にあり鼓動が早くなります。

血圧は上昇し、相手の言動を見定めるために瞳孔は散大し、呼吸が激しくなるでしょう。同じように逃走する際にも、身体は興奮状態になり、闘争時と同じような変化が表れます。

 

副交感神経の働き

交感神経と反対の働きをするのが、副交感神経。例えば、睡眠中や食事中に働いています。

食事をする時、特別な事情がない限り気分を落ち着かせているでしょう。また睡眠中も身体を休めている状態です。このように心身が落ち着いている状態で活発に働くのが副交感神経。

例を挙げて、具体的な働きを説明します。食事中は胃酸が大量に分泌されて腸の運動が活発になります。これは副交感神経が働くことで、食物の消化に必要な機能が活発になっている状態。

生命の維持に必要な栄養を摂取しています。交感神経と逆の働きですので、心臓の機能が抑制され脈拍は緩やかになっています。

食事中や睡眠中に心身がリラックスして、必要な栄養を摂取したり身体のメンテナンスを行なったりしている状態。これが副交感神経の働きであることを覚えておきましょう。

交感神経と副交感神経がバランスよく機能していることが体にとってとても良い状態を維持できます。

自律神経のバランスが崩れると
  • 眠れない
  • 唾液の出が悪く、口が渇く
  • ドキドキする動悸、不整脈
  • お腹の張り、胃腸不調
  • トイレが近い
  • 多汗症
  • 頭痛、頭が重い
  • 血行障害による手足の冷え
  • 疲れやすい、イライラ
  • 集中力低下

今の現状、交感神経が優位に働く機会が多すぎて、人の心と体は常に興奮状態にあります。

 

交感神経による筋肉の緊張が不調の主な原因

筋肉が硬くなる。血管が縮むので栄養、酸素、体温が全身に行き渡らなくなる。

リンパの流れも悪くなるので疲労物質や老廃物が排出されにくくなる。

疲労回復や体の修復が追いつかず、疲れや不調を抱える

 

交感神経が優位に働いているのは、ストレスが原因?

交感神経が優位なのは、一般的に言われている要因がストレスですね。ストレスをうまく解消するのが最善の方法と言われています。

ではストレス発散で、コンサート! 野球観戦!

鬱屈した気分は晴れますが、実は興奮させる作用があるので、知らずに交感神経優位を助長しています。

今の世の中は、音楽にしろ、アミューズメントパークにしろ、ほとんどのエンターテイメントが気分を高揚させる作用のあるものが多いのが現実です。

世の中は交感神経優位に作用させるもので溢れているといっても過言ではありません。

「楽しくて興奮して眠れない」= 「嫌なことがあってイライラして眠れない」これは似ていないようで、自律神経にとっては、あまり大差のないことで、つまり交感神経優位なんですね。

現代人は交感神経の興奮が過剰過ぎるってことです。

 

副交感神経を働かせれば、体はドンドン元気になっていく

マッサージを受けて知らぬ間に眠ってしまった、という経験があるかと思います。

眠くなる= 副交感神経に切り替わるきっかけ

また、筋肉をほぐせば副交感神経に切り替わり体の回復が進みます。

以上を踏まえて考えると、

体がほぐれる、あるいは緩めば、心も緩んで副交感神経優位になる

 

副交感神経を優位にする方法
  • 腹式呼吸
  • ぬるめのお湯で半身浴
  • 軽い有酸素運動
  • 仲間との趣味の時間を持つ
  • 感情を抑えない

リラックス出来れて呼吸がゆっくりになれば副交感神経は優位になってると思います。

呼吸を工夫すれば、体は自然に副交感神経にも交感神経にもどちらにもコントロールできます。

【呼吸機能と自律神経機能の関係】

呼吸は神経系によって直接に支配されている。呼吸を調節する神経中枢を「呼吸中枢」と呼び、これはさらに吸息中枢と呼息中枢に分けることができる。

両者に働きは全く異なる。吸息中枢が刺激を受けると、吸息中枢が起こると同時に呼息中枢に抑制がかかる。反対に呼息中枢を刺激すると吸気は止まり、呼気運動がおこる。

呼吸運動は延髄にる呼吸中枢の統制下にあり、この中枢は内外の各種の変化によってその活動を抑制あるいは活性化させる。

上海第一医学院生理教研グループの実験にて

全身または局部麻酔をかけたが、うさぎ・ねこ・犬を用いて肺を拡張・収縮させることによっておこる変化が確認されている。

これによると、肺を牽引したとき反射的に呼吸中枢の興奮状態に変化がおこり、呼気の出現または、吸気の停止が現れ、このとき血圧の下降、腸の運動と緊張性の増加、顎下腺の分泌量の大幅な増加、膀胱の収縮増強といった副交感神経緊張状態が現れることがわかった。

次に肺を収縮させ、吸気の活動が高まるときには、血圧の上昇、腸の運動および緊張性の抑制、顎下腺の分泌量のやや増加、膀胱収縮抑制、瞳孔散大、全身の立毛筋収縮といった交感神経緊張状態がみられたという。

このように呼吸運動と自律神経の間には密接な関係があることがわかります。吸気時、吸息中枢が興奮するときには、その興奮は交感神経系の方にも影響しており、呼息中枢が興奮し、吸息中枢が抑制されているときには、副交感神経が興奮するのである。

したがって、人が呼吸を意識的に調節しようとすれば、それはとりもなおさず自律神経の働きをも調節するのであり、気功療法が自律神経失調に有効であることの生理的根拠ともなるのである。

 

適度な運動として有効なのは、太極拳、ヨガ、気功などがいいと思います。

これらの運動を利用しながら、呼吸がゆっくりできる環境を維持して、健康的に過ごしましょう。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA