身体の動きと経絡(運動や動作に伴い誘発される違和感・痛みなどと経絡の関係)

身体の不調やスポーツなどでの動きの不具合は、その痛みや違和感を誘発している箇所のみでなく、全身に対して探りを入れていかねばいけません。

人のあらゆる動作は全身が協調することで成り立っており、その全身をチェックするアイテムとして東洋医学の経絡が役に立ちます。今回、そのことを解説してみたいと思います。

前面の経絡と動き(太陰肺経・脾経、陽明大腸経・胃経、任脈)

肺・大腸経は上半身の前面を伸展する動作に関わっている

 

脾・胃経は下半身の前面を伸展する動作に関わっている

 

任脈は前面に分布する肺大腸経、脾胃経を伸展する動作すべてにも関わっている

 

後面の経絡と動き(少陰心経・腎経、太陽小腸経・膀胱経、督脈)

心・小腸経は上半身の後面を伸展する動作に関わっている

 

腎・膀胱経は下半身の後面を伸展する動作に関わっている

腎経の分布の特徴により、下肢では後面、躯幹では前面に分布するため、腎経を伸展する動作は下肢と躯幹では異なるが、動きの影響は経絡全体に及ぶことが多いので、ここでは下肢の動きの影響を取り上げることとします。(この下肢と躯幹での走行の違いは、人の身体の動きは螺旋が基本であることを表しているように考えられるが、今回は割愛します)

督脈は後面に分布する経絡である心・小腸経、腎・膀胱経を統括する中心軸とみなします。後面に分布する心小腸経、腎膀胱経を伸展する動作すべてと関わる

 

側面の経絡と動き(厥陰心包経・肝経、少陽三焦経・胆経、帯脈)

心包経・三焦経は上半身の側面を伸展する動作と関わっている

 

 

肝・胆経は、主に下半身の側面を伸展する動作と関わっている


 

帯脈は側面に分布する心包・三焦経、肝・胆経を統括する中心軸とみなす。帯脈は側面に分布する心包三焦経、肝胆経を伸展する動作すべてと関わる。

 

以上が動きに関わる経絡の分布になります。

ここで関節の視点から、経絡を捉えてみましょう。

【頚部】

前には陽明大腸経・陽明胃経・任脈が、側面には少陽三焦経・少陽胆経、後ろには太陽膀胱経・太陽小腸経・督脈が分布しています。

ここで前屈した場合は、後面が伸展されるます。ここでもし痛みや違和感が誘発されたら、太陽膀胱経か小腸経の経絡上に異常があると判断します。

首の違和感を前腕のツボの後谿(太陽小腸経)や足首の崑崙(太陽膀胱経)で治療したりするのは、この経絡を利用しているわけです。

あるいは、上の例でいえば、首の不調の原因が、実は足首の使い方の不具合が原因であるのではないかということも推察できます。足首のツボに圧痛や硬結があって、それが反応として現れているのは、そこに異常があるからで、足首をしっかりケアしなければ、首の違和感はまた再発することも、示しているわけです。

このように首に限らず、腰や肩、肘、あらゆる部分を経絡を考慮して身体を見ていけば、身体のケアの仕方もまた違ったものになってくると思います。

人の体は全身が協調して動いていることを忘れないでくださいね。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA