スクーデリア・フェラーリ、粋ですな(^_^)

昨日はスペイン・バルセロナでF1の決勝が行われました。今シーズンは久しぶりに、メルセデス一強という退屈なシーズンではなく、フェラーリがその前に立ち塞がり、どちらが優勝するかは、決勝のチェッカーが振られるまではわかりません。

今回もポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトンでしたが、1コーナーでフェラーリベッテルは先頭に立ち、レースを引っ張っていきます。

ただ、今回私はレースの展開をお話しするつもりではないので、そこは割愛します。

ここでの主役は、フェラーリのキミ・ライコネンです(^_^)v

ちょうど、この2枚目の画像直後、メルセデスのボッタスがフェラーリのキミ・ライコネンの右リアタイヤにヒット

今度はその反動でフェラーリは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンと接触し、左フロントサスペンションを損傷

キミ・ライコネンはやむなく、コースを一周もすることなくリタイアとなりました。

すると、F1の国際映像はグランドスタンドのフェラーリファンを映し出します。

ライコネンファンの少年なんでしょうねぇ、リタイアしたライコネンのことがとてもショックだったんでしょう。号泣してます。

その後もレースは続いていきますが、時折先程の少年に映像が切り替わりますが、しばらく経ってもまだ泣きべそです。

 

レースも中盤、タイヤ交換で一時的にポジションを下げたライコネンのチームメイトのベッテルのフェラーリがメルセデスのボッタスに襲いかかります。

ボッタスを抜いたフェラーリを見て、ようやく元気を取り戻したみたいです。

レースは激しく続いています。

メルセデスのハミルトンとフェラーリのベッテルのどちらにも優勝のチャンスがあり、誰もがそのレースに釘ずけです。

レースも後半に差し掛かったところで、いきなりスタート直後のクラッシュシーンのリプレイ。誰もが「何で今このタイミングで?」と思ったでしょう。

そして次の映像がこれ

その次が、ビックリ⁉️

フェラーリがスタンドの少年をピットに連れてきたんですね。そして大ファンのライコネンがそばに❣️

この少年にとって、一生忘れられないグランプリ観戦になりましたね。

それにしてもフェラーリ、粋ですね。

アイスマンと言われてるが、キミ・ライコネンにファンがものすごく多いのも頷ける気がします。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA