掛け試し稽古会 関西地区 定例会

5月28日 日曜日 午前9時より、京都の城陽市民体育館にて、関西地区で初めての掛け試し稽古の定例会が開催されます。

もちろん、関西地区に住む私は参加します。

そもそも「掛け試し稽古会」とは何なのか?  今一度、そのコンセントをおさらいしておきましょう。

 

【掛け試し稽古会とは?】

空手発祥の地「沖縄」で空手型の動きを実際の戦いの中でどの様に技が掛かるか試し合う事を掛け試しと言っていたようです。

それは、実際に手(ティー)武術をやっている人間かを見抜いて、人目の無いところで声を掛け、始まる野試合であったらしくとても危険なやりとりだった様です。

ただ、やはり修業途中の身としては稽古した力を試す事にウズウズしていたのではないでしょうか?

現代では大会や試合といった力を試せる場所が整備されておりますが、同時に安全性の確保を最優先にすることで空手で言えば戦いにおいて特に効き目のある型の技が全て反則になっていることも事実です。

そこであらためて掛け試しという発想を現代で活かせる様にと、考えたのがこの稽古会の始まりでした。

約束組手では型稽古の危険な技を試す事が出来、危険な状況を攻め手も受け手も体験できます。

が、やはり約束なので自由に来られたらまた感覚が変わります。(型と約束組手をしっかりと続けて精度を上げていく事が大前提ですが)

そこで、自由に技を掛け合いながらも安全を保つ方法の説明が以下となります。

肉体に対する接触において徒手であっても刀の斬り合いと同等の緊張感を保ち「間」「呼吸」「観の目」といった接触するまでに自身の安全を最大に確保しながらも相手より少しでも一枚上手を取るという意志のせめぎ合いを学び合います。

顔面に対してはそのせめぎ合いから互いに絶対に反応できない「間」「タイミング」「角度」様々な要素を満たし当たらなくても「ビクッ」となる体の表面から少し離れた所の危険を察知するセンサーを触りに行きます。

安易に当ててしまうのは技術も心も未熟ととらえ、当てなくても
「やられました」
と思わせる一撃はそうは簡単に出せないことに気付きます。

当てれば確実に致命傷を与えるタイミングで当てない
「技術の高さ」と「心の優しさ」、
それはこの稽古で相当レベルの高い事を要求されることにより育まれて行くと思います。

胴体や足への接触は軽めであればお互いに注意して行えます。膝関節への蹴りはやはり顔面同様、配慮が必要となります。

拳足での打撃とは違い、相手を崩す掛けや、押し崩し、引き崩し、等は太極拳に見られる自由な推手の様に様々な力のやりとりを行えます。

投げに関しては完璧に相手重心を奪った時点で投げを止めてあげます。

なので、年齢を重ねた方や女性でも取り組むことが可能となります。

ただし、高校生以上の大人が対象です。

このルールで100人組手ではないですが、できうる限りたくさんのラウンドを行います。
日常の稽古では時間的な制約がある為に追求しきれなかった領域にこの稽古会によって突入し、肉体の限界を越えてから初めて余計な動きが抑えられ、効率の良い動きが現れ、心の集中力から来る相手の技の起こりを捉える眼も養えると期待しています。

上記の内容を参加者全員がしっかりと把握して、より次元を高めるとの共通した認識があれば、様々な武道、格闘技の方との手合わせが可能になります。

今までは同じジャンルの武術愛好者同士でのやり取りが多かったと思いますが、
他の武術の方々との手合わせは思いもよらない動きやタイミングに出会え、とても刺激を受けます!

この新鮮な刺激が自流の稽古法を今一度見直す切っ掛けとなりさらに理解が深まる事でしょう。

自分の道場をより大切に感じるようになり、そして、他流の存在が有りがたく感じられ、互いに切磋琢磨出来る同胞として等身大で尊敬し合えるようにもなります。

この掛け試し稽古会の趣旨に賛同していただき共に武の高みを目指して頂けたら望外の喜びです!

補足
掛け試し稽古会。
東京にて2015年2月より始まり、
空手各派(フルコン・伝統)、沖縄拳法、中国拳法、意拳、極峰拳社(太極拳、形意拳、八卦掌) 太気拳、少林寺拳法、ジークンドー、ボクシング、キックボクシング、柔術、合気道、柳生心眼流、ロシア武術システマ等、様々な流派、武術格闘技の修業者が集い友好的な技術交換の場となっております。

怪我の予防について
今までの稽古会で重大な事故は起こっていませんがやはり頭部、顔面への接触が一番気を付けなければなりません。
もし、不安のある方はヘッドガード持参するなど工夫してください。
手足の爪を切っておくことも大事です。

お互いに安全面に関しては最大の配慮をしていきますが、人のやることなのでたまに強くなったり当たってしまうことも当然考えられる事なのでルールを過信し過ぎない様に心と身体の準備は整えておきましよう!!

 

以上が公式の掛け試し稽古会のコンセントになりますね。

今回の関西地区定例会の会場は城陽市民体育館。

関西地区の武術を愛し、日々高みを目指しておられる猛者の方々、興味がある方はぜひ‼️


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA