魔界を歩こう~出雲大神宮~

「丹波に出雲といふ所あり、大社をうつしてめでたくつくられり」 兼好法師の『徒然草』第236段の冒頭です。『徒然草』といえば鎌倉時代。

出雲大神宮の創建は709年とされている。徒然草の冒頭での「大社をうつして・・・」というのは、「出雲大社から神様をお招きして立派な社を築いた」になりますが、説によると、「和銅年間に大国主神を。出雲(出雲大神宮)から出雲大社に移した」とされています。

そもそも現在の出雲大社が”出雲大社”と名乗り始めたのは明治になってから。江戸時代までは、出雲といえば出雲大神宮を指していたとされています。ゆえに「元出雲」と言われています。

御祭神:大国主命と后神である三穂津姫命

 

【夫婦岩】

縁結びで有名な出雲大社と同じ、大国主命を祀っているので、縁結びにもかなりの御利益があるそうです。御神石・夫婦岩があります。

 

 

【真名井の水】

「如何なる病にもよく効く痛み止めの水でもある。天下の名水なり。」と紹介されています。この水を汲みにタンク持参で来る人も多いですね。

 

出雲大神宮が私にとって、パワースポットと呼べる場所なのは、ここから紹介する自然が感じられる場所があるからです。ではさっそく入ってみましょう。

この出雲大神宮は、神社の裏にある御影山が御神体。この山自体が大きなパワーを秘めています。

【磐座(いわくら)】

山中にはいくつかの磐座があり、本殿裏の磐座はとくにパワーが集中している感があります。出雲大神宮のパワーの源といえるでしょう。

奥には5世紀~6世紀ごろの横穴式古墳も存在します。秦氏の蛇塚古墳とよく似てますが、きっと同時期にこの地にいた出雲氏のもではないでしょうか。わかりませんが。

【みかげの滝】

御神体山の湧き出る水が途中で別れ、この滝に落ちます。龍神が宿るとされた自然信仰の時代を窺うことができますね。

 

 

そしてさらに奥へ入ると禁足地になります。

「ここより先は入山許可が必要」と書かれた札があります。この鳥居をくぐると神域へと足を踏み入れることになります。

ここから先は、静かで空気も若干変わったような気がします。歩いて5分ほどいくと、磐座群が現れますが、その少し手前で私は誰も来る気配がなかったので、10分ほど静かに立禅をしました。気持良かったです。

この鳥居を越えるといよいよ磐座群です。

御神体山 国常立尊 との看板が。

国常立尊とはどんな神様なのでしょう?

 

 

 

【国常立尊(クニノトコタチノミコト)】

出雲氏(出雲族)は出雲国(島根県)から移住して、、口丹波(亀岡市)に住みついた。出雲大神宮のあるこの地から、出雲路に出向いていったという。「出雲族」というのは「スサノオ」を神として崇めていたし、「スサノオ」を崇めている人たちのことを「出雲族」といってもいいぐらいらしです。

「スサノオ」は神様でありながら、先祖もいれば子孫もいます。あるいは「生まれ変わり」であるといってもいいのかもしれません。

「スサノオ」の先祖にあたるのが、『国常立尊』で、その子孫が「大国主命」。

『日本書紀』では、最初に現れた神、『古事記』でも神代七代の最初に現れた神とされることから、始源神、根源神として重視されている。日本の国土の床(とこ、土台、大地)の出現を表すことから、日本が永久に立ち続ける、国家安泰の神として崇められています。

 

この神秘的な空間。霊的な作用があるのか、ここ最近パワースポットとして参拝者も増えているらしいのですが、あまり知られたくないのが正直なところです。とにかくここは気持ちがいい。特別な効果や霊的作用はよくわかりません。

ただ、心から気持良くなれるというのが、本当のパワーを与えてくれる要因なんでしょう。人が増えると、その気持良さは失われるでしょう。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA