気功のメカニズム~病気とは何か②(人体と宇宙と遺伝子の関係)

20070210001850 人間の個々の細胞の遺伝子には、人体全体の遺伝子情報が含まれている。これは「ある一部分の中に、全体の情報が含まれている」ということで、この人体と細胞間の関係は、様々な形で同様な関係性を垣間見ることができる。では、その例をみていきましょう。

*遺伝子情報について : 人間の卵子は受精後、約10カ月の間に人類の進化の全過程を経過して成長する。人間はある時期になると自然に歯が生えてくる。遺伝子の中に未来の情報が含まれているからである。dnarna

 

 

様々な、全体と部分の間の関係性についての例

1)人体の局部と人体全体について

耳つぼdiet2

tsubo

足つぼ

 

 

 

 

1315419576070284200経絡

 

 

 

 

 

 

などで、身体の一部分が身体全体に作用する典型的な例です。

2、人間と宇宙(自然界)の関係

hqdefault

mig

 月の満ち欠けが自然界の生物の営みに大きな影響を与えるいることは周知の事実です。例えばウミガメの産卵上陸は満月の前後に多くなります。研究者はその理由を「視覚的な感覚が用いられているのではないか」と推察していますが、これは人間の目で見える範囲だけの考察に過ぎません。絶えず宇宙から降り注いでいる人間の目には見えない不可視の波動やエネルギーなど考慮していません。

【月の引力が人体に影響を与える】

あの狼男が人間から変貌するのは満月の夜ですが、これは満月の夜には人間の感情が錯乱、あるいは高ぶるといった俗説を象徴したものだと考えられてきましたが、実はその仮説は真実であることが証明されました。

満月の夜に殺人・交通事故が増加することは統計学的に明らかになっていますがその理由付けをした研究はありませんでした。しかし月の満ち欠けと人間の感情との間のバイオリズムに着目したアメリカの精神科医アーノルド・L・リーバー医師は、「月の引力が人体に影響を与える」というバイオタイド理論を発表しました。それによると月の引力により起こる満潮・干潮は、人間にも影響を及ぼしていて、「生物学的な潮汐」が、人間の行動と感情の鍵であり、このバイオリズムを通じて生命体は宇宙と結びついていると結論づけています。

【月は人間の心と感情、いわゆる精神的側面に影響を与えている】

月は人間の心と感情、いわゆる精神的側面に影響を与えていると考えています。人体において精神とはいわゆる目には見えない機能ですが、それは自律神経系を通じて絶えず肉体という物質に影響を与えています。

【出生時の月の強度】

一般的に出世時に強度(影響力の強弱)の弱い月をもって生まれた人はネガティブ(否定的)志向という精神的下地を持っている人です。また自律神経系の働きの鈍さや弱さを持っている人です。他の惑星からのネガティブな影響を受けている場合はこれがさらに強くなります。思考は行動の元になります。つまり思いを達成しようと行動するのが人間の生理的行動です。

従って満月の夜に殺人・交通事故が多く起きている背景には、多くの満たされない欲求を持った人、生まれ持った精神的なネガティブ志向の人が、飲酒や口論などで理性的なたが(木桶を締める枠)が外れたときに衝動的に行動するのではないかと考えられます。

 また宇宙でなくても、例えば我々の自然界、「花を見るとウキウキする」や「海や山でくつろぐと気持ちいい」というのは自然界のプラスのパワーが人体にプラスに働くということでしょう。ha_243

これは、人体も宇宙や自然界の一部分である!ということを意味しているわけです。

3、人間の生理と心理の関係

プラスのパワーは人の体にプラスに働き、マイナスのパワーは人の体にマイナスに働く。今まで幾度となく述べてきたことです。「ストレスで胃に穴が開く」というように。

さらにここでは、宇宙(自然)の作用によっても人体に影響が及んでくるということが加わります。

 

以上述べてきた結論をいいますと、人は自然の一部であり、自然の影響は人体に影響を及ぼし、結果的には人の遺伝子情報にも影響を与えるということになります。207014785

ウイルスが人のプラスの意識とマイナスの意識の違いで増えたり減ったりということも以前述べました。 つまり意識も持ち方が、病に何らかの影響を与えるということが、言えるのではないでしょうか?

次回から、意識というものについてみてみたいと思います。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA