気功についての考察~効果の検証③ 消化器系

気功による効果の検証の3回目は消化器系です。 内臓の動きも自律神経との関わりが大きく、前回の呼吸との関わりも大きいです。キーは横隔膜。

1 胃の蠕動

zendoundo

吉林医科大学放射線科

気功の鍛練した10例中7例に休息時と比べて、胃の蠕動運動が加速することが確認された。

各例の胃蠕動の加速の程度は、8.4~44.5% 平均25.4%であった。また胃蠕動波形時間は10例中8例で加速がみられ、その程度は0.4~61% 平均20.68%であった。

胃には迷走神経と交感神経が分布している。したがって、胃の運動の変化は、これを支配する自律神経の変化として捉えることができる。autonomic_nerve5img09 胃に入ってきた食物を蠕動運動で送り出す前に、食物を繰り返し充分に攪拌(かきまわす)し、胃液と混合させて消化しやすいようにする働きがある。

気功の鍛練を行うと、大脳皮質が一種の抑制状態となることで、中枢神経の働きは正常に回復し、自律神経の機能も調整される。これは呼吸法と関係がある。

鍛練を行う際、呼気に重点をおけば、一層胃の蠕動も強くなる。また、腹式呼吸や横隔膜の運動を強化することは、胃を含めた腹部内臓に対して一定の按摩作用をもたらす。

2014-0801-1

 

2 横隔膜の活動と胃の位置

上海第二結核病院

36例について気功治療を行う前は、横隔膜の上下の振幅が平均3cmであったのが、2か月の鍛練後平均6cmになった。

また6例については横隔膜の上下運動に伴って胃が昇降することが確認され、呼気時に胃は上へ動き、吸気時に下へ動いた。胃の大弯下端レベルで測定したところ、呼吸時の昇降幅は平均9.7cmであった。

上海虹口区中心医院放射線科

10例について横隔膜運動を測定したところ、1例は鍛練前2.5cmだったのが、練功中は最大9cmの振幅となった。残りの9例にも増加がみられ、3.4~6cm 平均5cmであった。

o0800061212228624853

854f95b107030c6abd84081f134c7389

横隔膜は胸腔と腹腔との間を隔てている。横隔膜が下がるときは、腹腔内の臓器が下方に圧迫され、その結果前腹壁が前に出る形になる。

横隔膜が弛緩して元の位置に戻れば、腹壁の弾力で内臓も元に戻る。

気功を鍛練することによって、胃の働きが促進されるのは、この横隔膜の上下運動が強くなることから生ずる、胃への機械的刺激とも関連があると思われる。さらに横隔膜の動きが大きくなることは、肺の呼吸量の増大にもつながる。

hiromi07

おまけとして、下半身だけポッコリして悩んでられる方もいるでしょうが、実は内臓が落ち込んでポッコリしてる場合があります。

この横隔膜を意識した呼吸(気功)をすることで、内臓の位置が正常な位置に戻れば、それも解決できるかもしれません。

 

3 胃液分泌

taberu01_8a

蘇州医学院祖国医学教研室

3例について、空腹時に胃液をすべて抽出したところ15分間は胃液がほとんど分泌されなかったが、続けて15分間気功を行わせると分泌が急に増加し、やめるとまた明らかに漸時減少した。

胃液は、胃にある各種の分泌膜から分泌される物質の混合したものである。主要成分は塩酸とペプシンであり、主に食物の消化に作用し、これらの分泌は迷走神経(神経性機構)とガストリン(体液性機構)によって調節されている。

気功を行って胃液の分泌が促進されるのは、一つには横隔膜の上下運動が過渡になることによる機械的刺激が関与している。しかし鍛練が未熟で入静状態にうまく入ることが出来ない者には、胃液の増加反応がみられない。

このことから判断すると、入静の過程で胃液分泌の増加が現れるときの主な要因は、胃に分布する迷走神経が興奮状態にあることが考えられる。

14266_02

 

4 プチアリン(唾液中のデンプン分解酵素)

E782ADE6B0B4E58C96E789A9E381AEE6B688E58C96

 重慶医学院生理教研室

9例の肺結核患者に内養功を行わせた結果、8例にプチアリンの顕著な増加が現れた。増加率は鍛練前比58.21% 1例は減少した。

上海市第二結核病院

肺結核患者の唾液中プチアリン量は正常人に比べて明らかに少ないことが証明されている。気功鍛練を続けた患者では、これが正常に回復した。 一回の気功練習の前後でもプチアリン量は顕著に増加していた。

唾液に含まれているプチアリンには、食物中のデンプンを麦芽糖に水解する。胃に入ってからも適度のpH域(弱酸性~弱アルカリ性の間)にあるうちは、その作用が持続する(15~30分間)。

気功をするとプチアリン量が増すことは、鍛練のあと食欲が増し、さらに体重が増加するといったことの裏付けとなるものである。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA