気功についての考察~効果の検証②(呼吸器系)

 呼吸器系

z4-18

1 呼吸数

上海第一医学院生理教研グループ

12人に対し呼吸数を調べた結果、鍛練前は平均16.5回/分だったのが、6.9回/分に減少し、そのうち5回/分以下となった人が9例あった。

重慶医学院生理教研室

26例で呼吸数を調べた結果、鍛練前の平均14.7回/分が、鍛練中は4.7回/分に減っていることがわかった。

平均時の呼吸数は、成人で平均16~18回/分。鍛練のときに明らかに呼吸数が減少するのは、呼吸中枢の機能がかなり低下することを表しており、これによって大脳皮質も抑制状態におかれることが予想できる。

A,2010-158289_000003_small

 

2 呼吸量(肺機能検査)

hai02

重慶医学院生理教研室

8例の高血圧患者に松静功を行わせ、分時呼吸量の測定を行ったところ、鍛練前には平均6637ml/分だったが、鍛練中は4900ml/分に減少した。

142953_879

また26例の肺結核患者に内養功をさせたところ、鍛練前は平均7657ml/分だったが、鍛練中は4745ml/分に減少した。

上海第一医学院生理教研グループ

21例の分時呼吸量の測定で26%の者に減少がみられ、なかでも最も差の大きかった者では、14000ml/分が4350ml/分に減っている。一回換気量は、鍛練の前後を比較すると78%の者に増加がみられた。

北京結核病研究所

10例で一回換気量を測定したところ、鍛練前は平均484mlだったが、15分間の鍛練後740mlになった。

 

成人の平静時、一回の呼吸で肺に出入りする空気の量が一回換気量です。

一回換気量(ml)× 呼吸数(回/分) = 分時呼吸量 ということになる。成人の平静時の正常値は 一回換気量が500ml、分時呼吸量は約8000~10000ml/分である。

鍛練中は一回換気量は増えるものの、呼吸数が減少するので、分時呼吸量には持続的な減少がみられる。それでいて、窒息性の反応が現れないのは、鍛練中は呼吸機能に関係する神経中枢が一定の抑制状態にあることを証明するものである。

 

 

3 肺胞気と呼気の成分

重慶医学院生理教研室

呼気と肺胞気の成分を測定する実験で、被験者のすべてに練功後、二酸化炭素の増加と酸素の減少がみられた。

上海第一医学院付属中山医院

4例に鍛練中、肺胞気の二酸化炭素濃度の平均0.5%増加がみられた。

pulsebook-2

呼気は、普通の呼吸で吐きだされる気体のことである。

肺胞気とは、肺胞やそこに分布する小気管支に直接に接触し、酸素と炭酸ガスの交換に関与する気体のことを指している。

鍛練時は肺胞気の炭酸ガス分圧が増加し、酸素分圧が減少し、これが血液内ガス分圧にも同様の変化をもたらす結果、これが呼吸を促す刺激ともなる。しかしながら、鍛練中の呼吸は終始、ゆったりとして落ち着きがあり、減弱状態にあることが確認されており、ここから鍛練中は呼吸に関与する神経中枢の機能が一定の抑制状態におかれているのだろうと考えられている。

 

 

4 呼吸機能と自律神経機能の関係

autonomic_nerve5

呼吸は神経系によって直接に支配されている。呼吸を調節する神経中枢を「呼吸中枢」と呼び、これはさらに吸息中枢と呼息中枢に分けることができる。

両者に働きは全く異なる。吸息中枢が刺激を受けると、吸息中枢が起こると同時に呼息中枢に抑制がかかる。反対に呼息中枢を刺激すると吸気は止まり、呼気運動がおこる。20130128_53998 呼吸運動は延髄にる呼吸中枢の統制下にあり、この中枢は内外の各種の変化によってその活動を抑制あるいは活性化させる。

上海第一医学院生理教研グループの実験にて

全身または局部麻酔をかけたが、うさぎ・ねこ・犬を用いて肺を拡張・収縮させることによっておこる変化が確認されている。

これによると、肺を牽引したとき反射的に呼吸中枢の興奮状態に変化がおこり、呼気の出現または、吸気の停止が現れ、このとき血圧の下降、腸の運動と緊張性の増加、顎下腺の分泌量の大幅な増加、膀胱の収縮増強といった副交感神経緊張状態が現れることがわかった。img09

次に肺を収縮させ、吸気の活動が高まるときには、血圧の上昇、腸の運動および緊張性の抑制、顎下腺の分泌量のやや増加、膀胱収縮抑制、瞳孔散大、全身の立毛筋収縮といった交感神経緊張状態がみられたという。

このように呼吸運動と自律神経の間には密接な関係があることがわかります。吸気時、吸息中枢が興奮するときには、その興奮は交感神経系の方にも影響しており、呼息中枢が興奮し、吸息中枢が抑制されているときには、副交感神経が興奮するのである。

したがって、人が呼吸を意識的に調節しようとすれば、それはとりもなおさず自律神経の働きをも調節するのであり、気功療法が自律神経失調に有効であることの生理的根拠ともなるのである。jiri96958A99889DEBEAEAE7E2E6E2E2E0E7E2E1E0E2E3E485E3E1E2E2E3-DSXKZO9885039025032016W13001-PN1-703


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA