肩こりが治らないという悩みについて

あるネットでの記事で

「毎週一回、鍼灸治療を受けても,その日は楽になっても翌日は元通り。合計8回通っても効果を感じられない。治療のたびに、先生に『どうですか?』尋ねられても、どう応えていいかわかりません。一回の治療費が4000円。これを続けて意味があるのでしょうか?」

というのがありました。

この方は、きっとすごく人に気を使うタイプのひとでしょう。だって先生にも言いたいことも言えずに、自分の中にしまい込んでしまってますもんね。

この肩こり、実はここ(気をつかう)に施術のヒントがありますね。

このネットの記事の内容によると、仕事がシステムエンジニアで姿勢が悪くて、筋肉の血行が悪くなったために肩こりがひどくなってると自分でもそうですし、診た先生の診断でもそのように捉えていました。

最終的にこの質問者は、「結局昔からの肩こりで体質のせい」と半ば諦め口調。

まず、「肩こり=筋肉のコリ、姿勢不良」というのが原因と決めてしまってること。その部分にマッサージや鍼をすれば一時的に血流は改善されますが、すぐ元通りげ改善はされません。

筋肉の血行不良ということで、見てみると、まず血行不良になる原因を突き止めなければなりません。

一般的なのが、姿勢不良・骨格の歪み、運動不足。

そして私がキーに思っている交感神経優位の生活。交感神経が優位になると血管は収縮し血圧は上がります。そのため血流は悪くなり、必要な場所に血が行き渡らなくなります。

この方は、人に気を使うタイプのように思います。言いたいことがいえず、緊張状態が出やすいようです。緊張するということは交感神経優位のライフスタイルになりやすいということ。

この方の肩こりに効果的なのは、”こころを開放させてあげること”。つまり、マッサージや鍼はオプション的なもので、まず緊張をとってあげる方法を一緒にみつけてあげることのように思います。

まぁ、ネットの記事からの考察ですから、勝手に私がほざいてるだけですが、これも東洋医学的な診立ての一つであります。yangshen011

ではでは(^-^)


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA