五臓を病むと心に影響する。

五臓と”こころ”について

gogyou

《五臓(肝・心・脾・肺・腎)に宿る”こころ”とは?》

【肝】 魂を蔵し、決断や意思決定を司っています
【脾】 意を蔵し、まとめる力、身体を奮いたたす力のもとに
【腎】 精・志を蔵し、根気・何かをやり遂げる力のもとに
【肺】 魄を蔵し、やる気を司っています
【心】 神を蔵し、全ての精神活動の大本で生きる根元であり、無いと死を意味する

 syoujyou

 

《五臓に影響を及ぼす感情の変化》

【肝】 怒り過ぎれば、肝臓を傷める

【腎】 恐れ過ぎれば腎臓を傷める

【心】 喜び過ぎれば心臓を傷める

【肺】 悲しみ過ぎれば肺を傷める

【脾】 考え過ぎれば脾を傷める

 

五臓の状態は”こころ”に影響を及ぼし、感情の持ち方は五臓に影響を与えます

 

 「病は気から」ということも言われていますし、精神的なストレス過多で病気になる(ストレスで胃に穴があく、神経性胃潰瘍など)もこれで説明がきくと思います。

心をいかに平静に保てるか? 現代社会に生きる者のテーマであるといえます。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA