秋の長雨・体調維持対策

sikisansui aki akisame お盆あたりまで、連日の猛暑日、熱帯夜でダウンしそうだったのが、8月下旬から雨量が増し、9月下旬の気温になるという、急激な気温低下に身体のバランスも崩して体調不良の方も多いことでしょう。

夏が中途半端に終わりを告げ、夏のゲリラ豪雨のような雨量とは打って変わって、曇り空でじめじめとした雨が続いています。

秋の長雨、別名「秋霖(しゅうりん)」。霖は、長々と続く雨を意味します。

通常は秋の長雨は8月下旬~10月上旬と言われています。 秋の長雨の原因は秋雨前線。これは北から南へ移動していき勢力が弱まりながら10月後半には消滅。 秋は秋雨前線が去った地域から順に始まっていきます。

 

123

気候と体調の変化

夏の終わりから秋にかけての時期、ちょうど今ですが、気温が安定しません。 寒暖の変化が大きく、特に夏の終わりで夏バテの発生しやすい時期です。この夏の疲れには2つあります。

【暑さに負けて体力を消耗した疲れ】  : 暑さで体力を消耗した人は、抵抗力が落ちているので、ヒンヤリしてくると、その寒さがこたえます。

 

【暑さのためにクーラーや冷たい飲み物で身体を冷やした疲れ】 ; からだを冷やし過ぎた人も、この寒さはこたえます。秋になって外気が冷たくなると、その侵入に対抗する「陽気」が必要になるのですが、冷やし過ぎたので、陽気が不足して寒さがこたえるのです。31587_A2_Sky_Umbrella-thumbnail2

東洋医学では「肺」は氣を操作するところ。肺が気を巡らせることで、肌を養い、汗腺をコントロールし、寒さやウィルスから身を守ります。

そして秋には肺が活発になる季節です。肺がしっかりしていれば、風邪などにはかかりません。肺が弱っていて、気の巡りが悪いと、寒さにあうと風邪をひきやすくなります。

また、抵抗力も落ちているので、胃腸も弱っています。胃腸が弱れば栄養も充分に摂れないのでますます不調になります。

ここで、大事なことは夏の過ごし方が、肺の機能に影響を与えていて、それが身体全体のエネルギーである気の巡りに影響を与えているということです。

秋に多いトラブルには

  1. 秋の風邪
  2. ぎっくり腰
  3. 憂鬱
  4. ぜんそく

などがあります。

ではどうすればいいのでしょうか?


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA