京都魔界案内・産寧坂(三年坂)

 

25516029444

京都東山の観光地として有名です。清水寺の参道清水坂から北へ石段で降りる坂道でn二年坂までの緩い起伏の石畳の道も含んでいます。二年坂を介して北にある八坂神社、円山公園、高台寺、八坂の塔と南にある清水寺を結んでいるため、観光客が絶えない人気スポットです。

imgbbf729f0zik2zj 平安時代後期、鵺(ぬえ)は平安京の御殿に現れ、弓の達人源頼政に怪物退治が命じられた。 頼政は見事にこれを討ち落とし、近衛天皇の病状も回復したという。

退治された鵺(ぬえ)のその後について、いくつかの言い伝えがあります。

nue ひとつは鵺の祟りを恐れた京の人たちが死骸を船に乗せ、鴨川へ流したというもの。死骸は瀬戸内海の浜に流れ着き、人々は鵺塚(兵庫県芦屋市)を造って弔ったとされる。

そしてもうひとつが、京の清水寺付近に埋められたというものです。

20090912003459db4京に埋められた鵺を祀ったのが毛朱一竹塚。これは近代になって失われたが、もとは清水寺北西の三年坂にあったとされています。

三年坂の由来は、本来の名称・産寧坂がなまって根付いたらしい。産寧坂の名は、安産信仰がある子安観音の参詣堂にあたることにちなみ、縁起のいい呼び方です。808年の創建にちなんで、「三年坂」と呼ばれるようになったという説もあります。

808年の創建からもわかるように、「転ぶと三年後に死ぬ」という言い伝えがまことしやかに語られるのも、鵺のような得体の知れない怪物が祀られたことに由来するのかもしれません。

 

nue03

鵺(ぬえ)

『平家物語』『源平盛衰記』などに伝わる恐ろしい妖怪。サルの頭、タヌキの胴体、蛇の尾、トラの四肢を持ち、トラツグミに似た陰気な声で鳴くと伝えられている。


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA