病まない工夫

  病気を未然に防ぐ。 これこそ、全ての医学が目指す究極の目的でしょう。東洋医学でも、古くから病気にならないうちに予防することが理想とされ、この考え方を「未病思想」といいます。 そもそも「未病(未だ病にあらず)

日々をどう過ごすか

日本の医療は主に西洋医学です。体に異常を感じたり、検査で決められた一定基準を越えたら病気とみなされて受診するというのが一般的でしょう。 つまり、異常を感じたら受診し、「なぜ異常を引き起こしたか?」という所が二の次に感じて