人の動きの分析と治療

日常生活でもスポーツでも、人の動きを支えているものは筋肉や腱、靭帯や骨で形成される関節です。人の骨格は206個の骨と約600もの筋肉で構成され、関節は筋肉や腱、靭帯による張力を圧縮力に耐える骨が受け止め、全体として人の複雑な構造を支えています。

ここで例えば、

⑴ 仰向けに寝て、足の親指で壁を突き破ろうとすると(実際にやってみてください)、足首⇨膝⇨腰⇨脊柱⇨肩⇨肘⇨手首⇨頸と力が入り、最後には顔面の筋肉まで緊張してきます。

この一連の動きにかかわる部位に何らかの制限が加わると、全体としての動きの調和が妨げられ、病変が存在しない部位に痛みが生じることもあり得る。

image

⑵バレーボール選手がスパイク時に肩の痛みを訴える。このとき、肩痛では肩には異常は発見されず、痛みの発現機序を説明出来なかった。

このバレーボール選手、数日前のブロック時の転倒で膝や足首の外側にささいな打撲を受けたという病歴を有していた。

imageこの選手の打撲部分は左足首の外側と左膝の外側で、この図で身体にラインが引かれていますが、左足首・膝を上がっていくと左肩へたどり着きます。つまり肩の痛みを訴えてる場所です。

この選手に対して足首ないし、膝へ鍼灸治療を施したところ肩の痛みは消失しました。

 

この身体のラインは東洋医学でいう経絡といって、正規ルートが12種類、別ルートが8種類あり全身を巡っています。

例⑴で親指に力を入れたとき、親指だけでなく頭や頸も緊張するというのは、この経絡が繋がっているという証拠でもあります。

人の身体は一部だけを使って機能しているわけではありません。身体のあらゆる部分が協調し合って、必要な動作を発揮してくれます。

その機能をうまく協調させる方法を学べば、身体は効率よく動くことも出来るし、疲れもでにくいはずです。

また、長年悩まされてる気になる症状や傷みは、その痛む部分が原因でない場合があるということも理解できると思います。

そういった知識、身体の使い方を少しずつ今後も書いてみたいと思います。

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA