実戦とは

例えば
「畳一枚の幅を全力疾走し、はみ出さないように走れるか?」

大半の人は「もちろんできますよ。」と答えるだろう。
では

例えば
「畳一枚の幅を全力疾走し、はみ出さないように走れるか?」

大半の人は「もちろんできますよ。」と答えるだろう。
では
高さ数百メートルの断崖の上に、畳と同じ幅の手すりのない橋を走って渡れ!
と言われたら?
地面の畳と、断崖の畳の幅は全く同じやのに、「落ちたら死ぬ」という恐怖感が加わるだけで、人の気持ちがこんなにも違ってしまう。

不思議ですねぇ。
これは武術にも当てはまり、
一般格闘技で、「もし敵に襲われたら…」
などの護身術を見かけますが、本当に危害を加えようとして命を脅かされかねない状況で、習った護身術を使えるのかどうか?

安全な場面で繰り返し練習し上手くなっても、この恐怖感で上手く捌けるとは言い難い。

なまじ、かじった程度の武術はある意味危険であり、命を落としかねません。
だからこそ、武術を学ぶものは、そんな場面(命のやり取り)をイメージし、恐怖感と闘うことも想定して稽古に励まなくてはならない。
私が修業してる太気拳とは、体が健康になり、強くなるだけでなく、心の持ちようも鍛えていく武術。
この武術を続けてきたことで、少しは私も成長しいろんな面で強くなったような気がします。

まだまだその道の先輩方には及びませんが、それを追いかけて…
用意不用力、内外相合 勝っても負けても-img_256190_2170266_1.jpg
高さ数百メートルの断崖の上に、畳と同じ幅の手すりのない橋を走って渡れ!
と言われたら?
地面の畳と、断崖の畳の幅は全く同じやのに、「落ちたら死ぬ」という恐怖感が加わるだけで、人の気持ちがこんなにも違ってしまう。

不思議ですねぇ。
これは武術にも当てはまり、
一般格闘技で、「もし敵に襲われたら…」
などの護身術を見かけますが、本当に危害を加えようとして命を脅かされかねない状況で、習った護身術を使えるのかどうか?

安全な場面で繰り返し練習し上手くなっても、この恐怖感で上手く捌けるとは言い難い。

なまじ、かじった程度の武術はある意味危険であり、命を落としかねません。
だからこそ、武術を学ぶものは、そんな場面(命のやり取り)をイメージし、恐怖感と闘うことも想定して稽古に励まなくてはならない。
私が修業してる太気拳とは、体が健康になり、強くなるだけでなく、心の持ちようも鍛えていく武術。
この武術を続けてきたことで、少しは私も成長しいろんな面で強くなったような気がします。

まだまだその道の先輩方には及びませんが、それを追いかけて…
image


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA