雨と体のだるさ

しばらく続いている梅雨もそろそろ明けてもいい時期ですが、この気候で体調を崩されてる方も多いでしょう。 雨は花や緑、農作物に潤いをもたらし、夏の大切な水源ともなる自然の恵みですが、湿気の多いこの時期は体調管理にも注意が必要。

梅雨などの雨の多い時期は、空気中の水分が多すぎて、土地が潮湿になり、カビが生えやすく、生活環境全体が水っぽい状況です。

 

 

image

湿気の多い時期に体調を崩す要因に「湿邪」というものがあり、この時期に、長時間霧露ろに晒されたり、潮湿の地に留まったり汗を流すと、「外湿」といって外から水っぽい湿の影響を受け体調を崩します。

image

また酒を習慣的に飲んだり、生冷の瓜果や甘い物、脂っこいものを食べ過ぎると、身体のなかも影響が出て「内湿」といって体内から湿を生んで体調を崩します。

湿の邪は、重くて粘り気があり、停滞しやすい。身体のだるさや鈍い痛み、水分停滞によるむくみ、胃の不調といって症状が現れるが、その症状は治りにくく、ずるずると長引くこともあるので注意が必要です。

 

なんとなく身体の重さ・だるさを感じたり、食欲がなくなったり、と天気と同じようにすっきりしないことが多い。

雨の多い時期の健康は「湿退治」

【外湿】:  食べ物では、利尿作用のあるもの・香のよいもので余分な水分を取り除く (しそ、もやし、コーヒー、ココア、春雨など)

【内湿】: 脾胃といって消化吸収する臓器が低下してるので、胃腸などを元気にする方向にもっていきます。 この時期は食材をなるべく加熱し、豆腐も冷奴ではなく、湯豆腐で。

脾胃を元気にする食材; インゲン豆、山芋、大豆製品

脾胃を温める食材;  山椒の実、しょうが、にんにく、キムチ

湿を取り除く食材; はとむぎ茶、とうもろこし、小豆

 

あと、手足をよく動かし、呼吸を促進させると体内の水分代謝が良くなり、余分な水は汗となり発散できる。

フラフラになるまで動くような運動ではなく、太極拳であったり、気功の動功などが、ベスト。

image

梅雨明けに備えて体調を万全にしておきましょう!

 

 

 

 

 


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA