京都魔界案内 戻り橋

投稿者:

「一条戻橋」の停留所でバスを降りると、目の前の大通りの南北に走る堀川通、それに並行した川が堀川でそれに架かる橋「戻橋」にはさまざまな伝説があります。
もとは土御門橋と呼ばれていたこの橋が「戻橋」となった理由とは?

918年、漢学者の三善清行が亡くなったとき、息子は熊野で修行中で都を離れていたが、父親の危篤を知って急いで戻ったが、時すでに遅く葬儀は始まっていた。
一条の橋の上で葬儀の列に出会った息子は棺に取りすがり、「いま一度、父に会いたい」と神仏に一心に祈ったところ、清行が生き返り、言葉を交わしたという。

伝説その2
平安中期、源頼光の使いで渡辺綱という武将がある夜、帰り道に一条戻橋を通りかかった。見ると橋のたもとに女が一人。
五条辺りまで送って欲しいというので、馬に乗せてしばらく行くと、家は都の外だという。
「どこまで送ったらええんや?」と綱が答えると、女が突如鬼に姿を変え、「私の行くところは愛宕山だ」と叫び空へ飛び立った。綱は慌てず剣で鬼女の腕を切り落と女は逃げたという。
綱は持ち帰った鬼女の切り落とした腕のことで、陰陽師安倍晴明に相談すると、綱の7日間の物忌みが必要と忠告。しかし6日目に義理の母の姿で現れた鬼に騙された綱が安倍晴明が封じてた腕を鬼に見せてしまったので、奪い返されてしまう。

近年では、太平洋戦争時、兵士は無事の帰還を祈りこの橋を渡った。
花嫁はこの橋を渡ると、出戻るので渡るのを避けるようにするという。

一見普通の橋だが、もしかして今も異界につながっているのかもしれません。

image image


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA