京都魔界案内 弁慶石

投稿者:

image

 

久しぶりの魔界案内です。京都の歴史は奇怪魔界は逸話が多く、繁華街のど真ん中にも存在しています。
今回の『弁慶石』は、京都の中京区三条麩屋町、人が行き交う通りのビルの敷地内に、ドンと腰を据えています。

この石は弁慶が幼少の頃、三条京極界隈に住んでいて大事にしてたといわれる石。

弁慶は源義経とともに奥州高舘で最期を迎えるが、弁慶の死後この石はその高舘に移されました。
ある日、石が「三条京極に行きたい」と声を発した後、高舘で熱病が流行りはじめたので人々は、”弁慶の祟りだ”と恐れ、三条京極に送りました。その後、新京極の誓願寺万丈の庭に移され、明治26年にはこの町の民家に移り、昭和4年からは、三条通り沿いの現在の場所に移されました。

「この石をなでると弁慶のように男の子は力持ちになる」と言い伝えられている。

また、別説では「弁慶が比叡山から投げた石」「衣川の合戦で立ち往生した弁慶がこの石になった」などとも


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA