京都魔界案内 幸神社

投稿者:

京都御苑をあとにして、寺町通り今出川を北に上った一筋目に「西半丁」と刻まれた幸神社の道標があり、その通り行くと、民家の間に小さな神社があります。

image

この神社は平安遷都間もなく創祀された古社で、猿田彦神を主神に八神を祀り、疫病、悪霊を防ぐ道祖神として信仰されています。
境内の東北隅h、角が取られて「おせきさん(石神さん)」と呼ばれる(陽石)が据えられている。

image

この石に祈願すると恋愛成就するが、石に触ると祟りがあるとも言われています。

桓武天皇によって鬼門ライン上に造営された当社は、鬼門除け守護神として祀られています。その証拠に、格子越しに神殿を覗くと、猿の神像があります。

image

ちょうど、御所の「猿が辻」の猿と酷似しています。都の東北隅に「さいのかみ(さるのかみ)」を祀ることは、奈良時代からの習わしであったそうです。

また、この神社は縁結びの神としても霊験あらたかで、祭神である猿田彦大神と相殿の神であるアメノウズメノ命が結ばれ、縁結びの神になっています。

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA