京都魔界案内 宗旦稲荷

投稿者:

京都御所の北にある相国寺境内に小さな神社があります。
image

千利休の孫にあたる千宗旦に化けて相国寺でイタズラなどをしてた狐を祀っている宗旦稲荷があります。
一般的にはこの狐は宗旦狐と言われています。
では宗旦狐とは
茶道に堪能で、宗旦に化けては夜ごと茶会に出ていました。
周囲は、その茶の振る舞いの見事さに感じ入り、正体に気付きながらも化かされている振りをして、共に茶を楽しんでいました。
image

ある時、相国寺慈照院で開かれた茶会に本物の宗旦が遅れて来ると、先に来ていた宗旦狐がお手前を披露しているところだった。
宗旦はそのお手前の素晴しさに感心してしまったのですが、正体を見破られたと気づいた狐は窓を破って逃げてしまいました。
この時の茶室「頤神室(いしんしつ)」は現存し、狐が破った窓は大きく穴が空き、修復されたものの他の窓との違いがはっきり見てとれます。
image

またある時は寺の住職と囲碁を打っていたのですが、勝負に夢中になるあまり尻尾を出してしまったり、相国寺の雲水達と一緒に托鉢して回ったという話もあります。

ある年の盆、門前の豆腐屋が資金難から倒産寸前に陥っていた。
宗旦狐は豆腐屋に、蓮の葉を沢山集めてきて、それを売って金に換えて大豆を買うように勧めた。
豆腐屋はそのお陰で店を立て直すことができました。お礼をしようと考えた豆腐屋は狐の大好物であるネズミの天ぷらを作って宗旦狐に贈った。
しかし宗旦狐は「これを食べると神通力が失われる」と言って遠慮した。
でも結局、我慢できずに食べてしまった。
すると宗旦狐は元の狐の姿に戻り、それを見た近所の犬たちが激しく吠え始めた。
狐は驚き、咄嗟に藪の中に逃げ込んだが、慌てたために井戸に落ち、命を落としてしまった。

このように、相国寺の雲水達や人々に愛されてた宗旦狐の死を皆が哀しみ、稲荷神社として祀った、というのがこの宗旦稲荷神社です。
image


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA