こころとからだ

 

image中国では病気が良くなったことを「精神好了」と表現するそうです。
これは単に体だけでなく、こころと体が共に健康を回復したということだそうです。

東洋医学では、こころも体も同じ氣によって構成され活動していると考えます。
こころと体を常に一体化して捉えているので、こころは体に、体はこころに、それぞれ影響を及ぼし合います。
また、外部からの何らかの刺激によって触発されたこころの動き(感情)も五臓に分かれて宿ると見なしています。
具体的には
喜び、驚き、怒り、思い(考え過ぎ)、悲しみ、恐れの7つの感情を「七情」と呼び、心(臓)には喜、肝には怒、脾(胃)には思、肺には悲、憂、腎には恐、驚が存在します。
外部からの刺激が強すぎたり、長期間続いたりすると、感情に変化がもたらされて各臓器に悪影響を及ぼして、その結果病気が引き起こされることになるのです。
あるいは、逆に各臓器に何らかの病気があれば、感情にも異変をきたすことになります。

image

一例をあげましょう。
肝は、西洋医学でいう肝臓とはちょっと異なり、現代のストレスから身を守る臓器だと考えられ、自律神経失調症や心身症などの精神的ストレスによって起こる病気は、この肝の働きの不調で起こるものとされています。
いつもイライラしていると氣の巡りが悪くなり、さらに怒りがひどくなると、頭に血が昇って頭痛や喉のつかえなどの症状が現れ、最悪の場合は脳卒中になり得るかもしれません。

一方、喜という感情が宿る臓器は心ですが、この心には生命の根源が宿っているという意味で「神」とも言われます。
神とは「こんなふうに生きよう」という生命活動の方向性を決めるものですが、その生命活動を成り立たせる氣血の供給源となるのが「精」で精は腎に宿ります。
このように「精」と「神」のそれぞれの役割を合わせ初めて「精神」の本来意味する意味を成します。
要するに、循環する氣を仲立ちとして、各臓器に宿るこころ(感情)の機能が調整され、心に宿る神によって統括されるということです。
こころをコントロールすれば、氣血がよく巡り、結果として健康を保つことができます。
逆に、体を健康に整え氣血を充実させれば、こころをうまく働かせ、さらに感情を鎮めることにつながります。

image

中国で早朝、太極拳や気功をされてる方々が多いのも、こういった裏付けがあるからなんでしょうね(^-^)


Prev Next

Comment

コメントを残す

CAPTCHA